人間風車

2006/06/06(火)
【ダウンロード・サービス】

例の村上ファンドの件について、
ジャーナリストや知識人が
「法律を破らなければ金もうけしてよいのでしょうか 」
「いつから彼は金儲け主義に走るようになったのでしょうか」
とまじめな顔をして言うのには、
正直ビックリしてしまう。
彼の犯した(であろう)罪は、インサイダー取引であって、
法律を遵守した金儲けも、
金が儲かることを会社の目標にすることも、
金儲けを生き甲斐にするのも、
決して犯罪ではない。
間違った生き方や価値観だとも言えない。
そういう生き方が幸せなのかとか、
金を儲けてどうするのとか、
そういう論議の中で語られるのならわかるが、
インサイダー取引という罪と同列、同質で
そういうことを語るのはどうなんだろう。
そこらのおばちゃんが話しているのなら、
それはそれで良いでしょうと言えるけど、
ジャーナリストや知識人がそういうアングルで語るのは、
ちと恥ずかしいんじゃないだろうか。

任●堂が自社のゲームセミナーの受講生が作ったDSのソフトを
ダウンロードするサービスをしているそうだ。
ソフトのダウンロード販売自体もおもしろいけど、
予備軍の発表の場として使うっていうのは、
さらにおもしろいと思った。
たとえ商品化を目標としていなくても、
第三者に見てもらうというだけで、
ずいぶんと気合いが入るものだし、
伝えるとか主張するとか共感を求めるとか、
そういうことの意味というか大切さみたいなものが
リアルに感じられるだろう。
と偉そうな意味で興味を持ったというよりは、
ワン・アイデアものもこういう形で発表できたら、
反応がわかったり、リクエストを得たりできるから、
商品化への説得材料になったり、
改善すべき点などが見えてきたりするのではないかと思う。
というわけで、
プリプロダクトの仕組みとしていいかもと思ったわけだ。
つまり、
自分がそういうのを出したいのだ(笑)

« 生息密度 | | 余分に描いてしまう »