人間風車

2006/09/01(金)
【テレビの得意なこと】

ちょっと前、
BSで『ニッポンのギターヒストリー』
という番組をやっていた。
ストレートなタイトルそのまんまの番組で(笑)
1般受けしない、0.5般受けくらいの番組内容だったけど、
ちょうど波長が合ったようだ。

そういえば、
気がついたら、最近、
録画したい番組がBSの番組ばかりになっている。

BSの番組は、
(おそらく)予算がないようだから、
あまり金に物を言わせたことができないみたいだけど、
逆に、1つのネタを深くつっこんでくれる。
どーせ普通の人は見ないから、
マニアックなネタをとりあげる(勝手な想像です!)。
そこらあたりのスピリットも好きなんだろう。
(このあたりの空気は深夜放送が始まったときに似ている。
たまたま、深夜放送のほうは携わっていたってて、
その雰囲気がとても好きだったのも、
今のBS好きの理由の一つなんだろう)

たとえば、
ギタリストにエレキ・ギターの魅力を語らせる
なんて番組は、
メジャー・チャンネルじゃー企画が通らないだろう。
でも、(あたりまえだけど)
ギタリストはギターについて語るのがとても好きなので、
目がきらきらさせながら語っている。
(みんな有名な人でテレビでとく見るのに)
その様子がとても新鮮に見えた。
別に有名人のインタビューじゃなくても、
人が自分の好きなことについて熱心に語る姿っていうのは、
見ててとても気持ちが良いもんだし、
ホントにその人が好きで好きでたまらないとか、
すっげー感動したとか、
そういうのって必ず伝わる気がする。
(逆に言えば、興味のあるふりなんてのは
すぐにばれてしまう)

こういう番組がこれから視聴率を取る番組になる。
たぶん、そういう時代はこないと思う。
ただ、こういう番組もアリな時代になると思う。
それは、
テレビという装置っていうのが、
こういう空気を伝えるのが、
とっても得意な装置なのだからだろう。
(だから、トーク番組が一番おもしろい)

« 他山の石 | | ブログ炎上 »