人間風車

2006/09/06(水)
【そうだ反面教師になろう】

世の中には経験からしか得られない
知恵っていうのがいっぱいある。
残念ながら、そういうことがわかるのは、
経験を積んできてからなので、
必然的に、
おやじ(おばさん)以後ということになる。

一方、加齢により、
すっかり時代の速度においつけなくなり、
それが故に、仕事や生活がうまくいなかくなると、
自分がバリバリ元気だった頃の
成功体験を持ちだして、それを乗り切ろうとする。
もちろん自分がバリバリだったときと今では、
すべてのパラメータが変わっているので、
それでうまくいくわけがない。

つまり、いつの時代でも、
オヤジの言うことは、若者には、
わかんねーか時代錯誤である可能性が大なわけだ。
自分もすっかりオヤジのカテゴリーに入っているのでわかるが、
オヤジ側にもそういう自覚っていのはあって、
何かしら忠言めいたことを言うと、
うざがられるのが落ちだとわかっているので、
つい口をつぐんでしまうか、
若い人の意見に迎合してしまう。

でもひょっとしたら、
オヤジの助言は、
彼らの直接的な役に立てなくても、
反面教師ぐらいにはなれるのかもしれないと思うと、
うざがられようが、信じてもらえまいが、
それはそれで間接的な役に立つのかも。
とふと思ったりした。
ああなりたくはない。
それは違うと思う。
全然理解できない。
そう思うだけでも、
彼はすでに
明日への解決の段階を1つ登ったことになるからだ。

ということで、
今日からはうっとうしいオヤジになろうかと
思っています。

« ブログ炎上 | | やり込み度 »