人間風車

2007/03/02(金)
【10年】

もうゲーム作りを10年続けている。
自慢じゃないけど、っていうか恥だけど、
今まで1つの仕事を10年以上続けたことがない。
デザインの仕事をしたり、イラストを描いたり、
マンガを描いたり、CGを作ったりしてきたけど、
どれも10年は続かなかった。
理由はいつもこの2つ。
1)飽きた
2)自分の性格に合っていないことがわかった

しかし、
ゲーム作りもまた、
さすがに飽きたし、
1年以上も同じプロジェクトを続けるというのは、
性格にあっていない。
(2時間で終わるくらいのもが合っている)
なのに、
不思議なことに、もうやめようかなと思ったことはない。
(いや、正確には継続的にそう思ったことはない)
なんでだろう。
実のところ、
自分でもよくわからない。

10年前、ちょうどPS1が出たとき、
わまりで、
へんてこなゲームを作っている連中がいっぱいいた。
おれを含めて、
まわりからは奇ゲー作家と呼ばれたりした。
しかし、
今ではそのころの奇ゲー作家は、
もうほとんどゲームを作っていない。
寂しい限りだ。
逆に言えば、
未だうちがゲームを作り続けていることのほうが不思議だ。
ありがたい話だ。
絶滅危惧種と言って良いだろう。
そうなると、
クライアントと応援してくる人たちは、
はさしずめ、動物保護者ってところか。

« 頭に力が入りすぎ | | パワーゲーム »