人間風車

2007/03/12(月)
【ゲーム以外】

ゲーム以外の遊びイコール、
頭を良くする遊びみたいに固定化されてしまうのは
ちとおしい。
前頭葉の働きをよくしたり、
知識を得たり、常識力を計ったり、
パズルで頭を柔軟にする遊びってのは、
もちろんおもしろいし、
そういう遊びをゲーム機に持ち込んだ功績は大きい。
だからこそ、
その火はもっと延焼させないとおもったいない。

もっと広げられないだろうか。
単純に考えれば、
本屋にある(本の)遊びはすべて入るはずだ。
容量さえあれば、
テレビやラジオの遊びも入るかもしれない。
などなどm
同じ「脳を鍛えたりする」遊びばかり
増えるんじゃなくって、
もう少し水平に遊びが広がるとおもしろいんだけど。

個人的には環境ビデオ(映像)がすごく気になっている。
でもどうにもまとまらない。
そのままゲーム機で再現してもつまらない。
(そもそも、この発想が間違っている可能性もある)
不思議なことに、逆に、
ゲーム的遊び、
例えば風景にアイテムを隠したり、ルートの分岐を作ったり、
そういう要素を入れると、
とたんに本来のよさが消えてしまうのだ。
(というような気がする)
どうしたモノか、、、
よほどアングルを変えて見てみないと、
答えは見つけられないようだ。

« 雑誌と単行本 | | 納得できる作用 »