人間風車

2007/03/30(金)
【クマムシ】

唐突ではありますが、
本日はクマムシの話でもって、
人間風車にかえさせていただきます。
ご精読感謝いたします。

クマムシと言っても、虫でもなく熊ではない。
緩歩動物門に属するクマムシ科クマムシ族クマムシのクマムシ。
ちなみに、緩歩動物門にはクマムシしかいない。
われわれは、
脊索動物門ほ乳網サル目ヒト科ヒト族ヒトであるから、
「門」は、ホヤから我々までを含む広いカテゴリーである。
そんな「門」にクマムシしかいないわけだから、
彼らがいかに特殊な存在かがわかる。

彼らが有名なのは、その耐久力。
乾眠状態になると、
耐X線:57 万レントゲン(人間の被爆限界の1000倍)
耐圧 :6000気圧(マリアナ海溝の6倍の深さに相当)
耐熱 :ー272 ℃から +151 ℃まで
そのほか、無酸素状態でも真空でもOK。
おそらく電子レンジでチンしても大丈夫。
乾眠状態を過ごす環境としては、むしろ、
真空、絶対零度の環境の方が良い(これって宇宙空間!)。

乾眠状態のクマムシに水を与えると、すぐに蘇生する。
このことから、
乾眠中のクマムシは生きているとされる。
しかし、
乾眠状態では、いっさいの代謝(呼吸や化学反応)をしない。
こういう状態は一般に死んでいるという。
生から死への移行はあっても、死から生へはありえないとする
我々の常識からすると、これは困った事実であり、
そのため、クマムシ(だけじゃないけど)のために、
「命を隠している(クリプトビオシス)」という特殊な状態が、
定義されている。

ただし、
この耐久性のみを話題とすることをクマムシ学者たちは喜ばない
(まるで巨乳アイドルがおっぱいのことばかり
扱われるのをいやがるように)。
「クマムシはカワイイからだ」が彼らがクマムシにはまったり、
勧めたりする理由だという。
ちなみに、ぬいぐるみまで出てるらしい。

一般書籍としてはこれ『クマムシ?!
7刷ってんだから、クマムシ人気はスゴイ。

« 点と点をくっつける | | 好きなゲーム製作者20人言える? »