人間風車

2007/06/13(水)
【老齢化】

どうして老齢化社会になるんだろう。
老人が死ななくなったから?
それもそうだろうけど、
でも、
新たに生まれる人も多くなれば、
人口比率はそう変わらない気がする。
どうして、
新たに生まれる子供の数が減ったんだろう?
社会不安なんてのは日本固有の原因であって、
世界全体で起ころうとしている
老齢化社会を説明できるものではない。
むしろ、
生まれているけど、子供が死んでいるのだろうか?
それも考えにくい気がする。
人が何かしらの理由で増えなくなってきている。
それは、社会的な問題なんだろうか?
それとも、生物学的な問題なんだろうか?
ラットなんかの実験では、
ラットの人口密度(ラット口密度が正しい?)が上がると、
争いが起きやすくなり、同性愛も増え、
死んだり増えなかったりで、
あるところまで行くと個体数が減っていくのだそうだけど、
それと同じようなことが、
人間にも起こり出してるんだろうか。

遺伝子の中には、
ある条件が成り立つまで発現しない遺伝子がある。
人口密度がある程度の数に達すると、
発現する遺伝子とかあるのかもしれない。

ともかく不思議だ。

« 二酸化炭素吸収 | | ゲーム作りの腕 »