人間風車

2007/09/25(火)
【巨人戦】

あー、それにしても、
おもしろいというか辛いというか、
どーして、阪神、中日に勝てない>巨人
下位チームだけに勝ち越して、
上位2チームに負け越すなんて、
それは3位のチームということじゃないか。、

それにしても、驚いた。
今日は巨人の試合がないのかなと思っていたら、
試合があった。
なかったのはテレビ中継。
そんな日が何度もあった。
野球、というか巨人に興味がない人は、
なにが?ということでしょうけど、
物心ついた頃から、
巨人戦は全て中継がある。
そんな時代に生きてきた身にはビックリだ。
ビックリと同時に、
相当、野球というエンターテインメントはやばいぞと
あらためて危機感を感じざるを得ないのです。

そうでなくてもプレイ時間が長い。
スポーツに限らず、映画でも芝居でも、
どんなジャンルであれ、
今の時代、
連続2時間を超える拘束や集中を要求するような
遊びというのは、ちょっと辛い気がする。
(野球の試合は3時間以上がざら)
昔から指摘されているけど、
試合の途中から始まり、途中で終わる
テレビ中継というのも大いに問題がある。
多くの場合、
スポーツのドラマは、
試合の最初とラストに訪れるからだ。
そして、
どのチームの力も平均化してしまったのも、
野球全体の魅力を失わせた理由の一つのような気がする。
入団から退団まで1つのチームにいる選手がいなくなり、
FAで選手の移動が激しくなったのも、
(選手の幸せをムシすれば)
チーム、ひいては、野球の魅力を失わせている
原因の一つだろう。
(巨人ファンがそれを言うか!といわれそうだけど)

とまー、
そんな野球話をする機会がとても少なくなってきた、
というのが
一番リアルに危機感を感じてさる現象だったりする。

« 数字は好き?嫌い? | | 銀行の出店 »