人間風車

2007/09/27(木)
【ダウンロード・コンテンツ】

先週、ぶらりと青森の方に行ってきた。
急に決めたので、遊び道具を持ってこなかったので、
新幹線の中で退屈の虫が騒ぎ出した。
そこで、携帯電話用のゲームを買おうと思い立ち、
いろいろ物色する。
結果、
ボンブリス』のところで目がとまる。
がすぐにダウンロードすることが出来なかった。
有料かーという思いと、
今更『ボンブリス』かーという思いと、
逆に、
これならルールを覚えなくてもできるという思いと、
やったことがあるので、
おもしろさが約束されているという思いと、
いろんな思いが交錯してなかなか買えない。
結局、仙台についたあたりでようやく買った。
われながら、せこいというかちっちゃいというか。

そしてそんな自分に驚いた。
『ボンブリス』は100円だったのだ。
(もちろん、迷っているときも知っている)
100円出す、出さないについて仙台あたりまで
悩んでいたんだと言うことに驚いた。
その間に、あのまずい車内のコーヒーとかを
350円(だっけ)も出して頼んでいるというのに。

携帯やPCのコンテンツにはタダのものが多い。
なので、
100円というか有料のコンテンツというのが、
高く感じられてしまう。
普段の生活の100円の「価値」と
全く違う重さでとらえてしまう。
これはおそろしー心理的現象だなーと思った。

タダコンテンツがゴロゴロしているという
環境の問題以外にも、
物質でないというものに金を出すということにも、
心理的な抵抗があるんだろう。
例えば、
携帯電話用ゲームがフラッシュメモリーに入って、
キオスクで300円で売っていたら、
それは安いと感じたかもしれない。

とまー、自分のせこさを元に、
ネットワークからダウンロードするコンテンツ
ってゆーものの、
難しさを実感したのでありました。

« 銀行の出店 | | 体験風景 »