人間風車

2008/02/05(火)
【メディアの進歩】

ブルーレイ・ディスクって、
Blue-RayじゃなくってBlu-Rayって書くんだ。
なんでだろ。
青色レーザーを使うから「ブルー」じゃないんでしょうかね。
どっかが商標とってるのかな?

それはそうと、
『スターウォーズ』や『ロード・オブ・ザ・リング』が
ブルーレイ・ディスクになったら、
(プレイヤー)を買うべきかどうか、
相当悩むだろうなー。
でもDVD資産がなー、、、と悩んでいるうちに、
当然ブルーレイ・ディスクが
最終保存メディアっていうわけじゃないので、
その次のメディアが登場する。
実際に、
新型光ディスク『ホログラムディスク』や、
カートリッジタイプのHDD『iVDR』
(いずれもTB(テラバイト)クラスの容量になる!)
などのメディアが控えているらしい。
やっと
「ブルーレイ・ディスクを買うぞ!」と決心したとき、
「あと2年もすれば、次世代メディアが、、、」
といった新たな悩みが生まれ、
結局、何も買えないまま、
最も旧式なメディアに甘んじている。
そんな不条理な状況になりそうだ。

もー、こうなると、
DVDというメディア(物質)の状態で
テレビ番組を保存したり、
映画などを買うというのがバカバカしくなる。
データーの状態で買い、それらはどっか
(ユーザー側か提供者側か)のサーバーに置いておく。
見るときはそこからダウンロードする。
必要に応じて、その時、最良なメディアに焼く。
ついでに、
もし、買った時点より新しいフォーマットが出来た場合は、
無償あるいは割引で、
新規フォーマットのデータに差し替えてくれる。
位のサービスがあるといい。
『初代タイガーマスク』を、
VHS、レーザーディスク、DVDで持っている(おれ)
なんていう不条理な状況がなくなるからだ。
それしかない気がする。

実際、音楽なんかでは、
Itunes storeができたりで、
だいぶそんな形になってきた。
どの再生ハードが出ようと
元のデータが最良なフォーマットであれば問題ない。
ゲームの提供なんてのも、
きっと例外ではないだろう。

« ストレスを楽しむ | | 未来を思い出せない »