人間風車

2008/02/18(月)
【敷居がゆるくなる】

うちには間違って買ったHD DVDのソフトが1本ある。
amazonとかで売らなくちゃと思って
グズグズしてたら、
HD DVD対Blu Ray戦争に決着が付いてしまった。
性能のことはよくわからないけど、
ネーミングがまずかったのも一因じゃないだろうか。
"HD DVD"という名称は、
なんだか小難しくて、
それでいて従来のDVDと変わらないように思えて
新鮮な感じがしない。

ソフトもハードも値崩れするだろうなー。
売れないだろうなー。
でもまあ、
思ったより早めに「決着」がついたのでよかった。
と思うのは、
ベータ対VHS戦争の「被害者」である世代だからだろうか。

人には得意な仕事と好きな仕事がある。
たいがいの場合は、
得意な仕事のほうが商売になる。
自分の些細な歴史を振り返ってみてもそうだ。
ずっと、
得意な仕事というのは、
なるべく受けないようにしていたり、
やってほめられてもあまりうれしくなかったりと
なんだかんだ、否定してきた。
絵を見て「カワイイ」と言われるだけでイヤだったし、
『マッチ箱の脳』がAIジャンルでは一番売れている
と言われても少しもうれしくなかった。
が、最近は、
みなさんに喜んでもらえるなら、ためになるなら
得意な仕事というのも悪くはない、
そう思えるお年頃になってきた。
今年あたり、
ちょっと積極的にそういう仕事もしてみるかな。

何かと敷居が緩くなって、
社会との摩擦熱が減っていくというのは、
歳を取った者の特権だ(笑)

« 実写性という武器 | | 開発者開発 »