人間風車

2008/03/14(金)
【便利とわかりやすい】

さっき、一週間は短い!と書いた感覚だったのに
もう週末である。
ホントいやになるくらい早い。
毎週のノルマ(締め切り)をこなすだけで
あっという間に1週間が終わってしまう。
パズループ』の後半とかこんな感じだったなー。
あるいは、
毎日借金の返済日がある多重債務者って、
きっとこんな心境なんだろうなー。

ゲームの設計の上での「親切」とは
どういうことだろうと悩んでいる。
大きく分ければ、
・便利
・わかりやすい
の2つがある。
両方を兼ね備えられれば、
それに越したことはないが、
往々にして、
便利にするとメニュー構成が複雑になり、
わかりにくくなる。
わかりやすくすれば、
呼び出すコマンドは方々に散らばり、
わざわざそこまで行かないと実行できなくなる。
携帯ゲーム機のように小さい画面だと
そういう問題が頻発する。
あちらを立てればこちらが立たず、
ちょうど、
2つの物理性(位置と運動量とか)を
同時にフィックスできない
「不確定性原理」が働いているような感じだ。

・便利 ...... やりこなした人に親切
・わかりやすい ...... 初心者に親切
という分類もできるかもしれない。
そうなると、
そのアタリの判断は、
どちらの人たちに向いてゲームを作るか、
その姿勢、そのものと言えるかもしれない。
もちろん、両方だ!が正しいけど、
最優先するとしたらどっちだ、という話だ。

手にとってもらわなければ、
やり込みまで進まないという視点からは、
・わかりやすさ
が優先されるだろうし、
いつまでも遊んでもらうためには、
・便利
が必須と考えることも出来る。

ということで、たいへん悩ましい問題だ。
でも、たぶん、
自分たちは、
・わかりやすい
を選ぶような気がする。
「便利」派をうまく説得できる自信はないけど、
なんとなく、
「うちはそっち」という感じがする。

« 反対のための反対 | | 報酬とご褒美 »