人間風車

2008/03/17(月)
【報酬とご褒美】

パズルゲームは作るのもやるのも好きだ。
金曜日に書いた『パズループ』も
大好きなゲームの1つだ。
このゲームとほとんど同じルールのゲーム『Luxor2』が
XBOXのおまけディスクに入っていたのでプレイしてみた。
ほぼ同じゲームなので、同様に好きだ。
ただ、
どっちが好きかと聞かれたら、
『Luxor2』と答える気がした。
同じルールなのにどこが違うんだろうと考えてみた。
理由は、
同じ色の玉を全部消してしまう、
雷が落ちてきてランダムに玉を消す、
同じ色に玉を塗り替えてしまう、
逆戻しさせる、
というイベント(アイテム)があることかと思った。
パズルゲームの場合、
ステージの進行に合わせて、
だんだんとむつかしくなり、プレイはどんどん辛くなる。
どこまで耐えられるかが、
勝負でありゲームの醍醐味である。
ただ、
そんな呼吸することすらもどかしい状況の中で、
上のような派手なイベントがあると
ふと一息付ける瞬間が生まれる。
この瞬間があることが、ありがたい。
うまくパズルをクリアしたことの報酬と
それに対する神様のご褒美、
実力と運、給料とボーナス、
そんな組み合わせのありがたさ、気持ちよさが、
『Luxor2』と答えた理由のような気がする。
この緩急のバランスがうまいんだなーと思った。
(つまり、発生の頻度やイベントの影響力など
バランスがむつかしい)
これは参考になる。
(今まで気がつかなかったのか!
というくらいのレベルの話だが)
『タシテン』では、
その辺のイベントはあまり想定していなかった。
実力に対する報酬だけだった。
次はちゃんと神様からのご褒美も入れよう。
そう気がついたので、
貴重な時間をゲームに使ってしまっている自分を
少し許してあげようと思ったりして。
というのは詭弁?

« 便利とわかりやすい | | 季節労働者のように »