人間風車

2008/03/26(水)
【ゲームと事件】

もういい加減、定番となりつつあるが、
「誰でもよかった」系の不条理な事件が起こり、
その犯人が少しでもゲームをやっていたら、
ゲームと事件の不条理性あるいは犯人の病的心理が
直線的に結ばれるような記事となる。
断言まではしないものの、
ゲームが1つの大きな原因と
暗に言っている記事が目立つ。
(もしそうなら、ここ1年、
急激に撃ちモノにはまっているオレなんて、
要注意人物だ!(笑))

「アクションゲームで
立て続けに負けると機嫌が悪くなった」
なんて、
そうならないヤツのほうが怖いくらいだ!(笑)

週刊誌ネタならともかく、
新聞、テレビニュースでも
そうなのがおどろく。
真剣にそう思っているとしたら怖い。
きっと、
全く別件、別種の事件、他の要因についても、
そういうステレオタイプな考え方を
しているということだろうから、
これは怖い。

こういうときこそ、
精神科医なんかはもっと大きな声で
馬鹿なことをいっているんじゃない!
と発言して欲しい。
ゲーム作りに携わる人間が叫んでも
全然説得力がない(笑)

« ダウンロード>パッケージ | | 昨日の続き »