人間風車

2008/03/27(木)
【昨日の続き】

昨日の続きで恐縮です。
例の荒川沖の無差別殺人事件の犯人について、
"約40インチの大型テレビを自室に置き、
1人でテレビ画面に向かって
ゲームに熱中する時間が長かったという。"
この「事実」が、
・ふだんから家族との会話がなかった
・内向的な性格であった
・就職しないことを父親にとがめられていた
などの「原因」と同列に並べられていた。
これ、週刊誌ではなく、毎●新聞の記事です。

別に新聞が週刊誌より偉いとか正しいとか
言うつもりは全然ないんですけどね、
「約40インチの大型テレビ」などの表現と
他の原因の詳細とのバランスが
とても示唆的というか色眼鏡で見ているというか、
初めからある結論を想定しているというか、
「常識」にとらわれているというか、
何も考えていないというか、
超メジャーな新聞の記事がこれだというのが、
ちょっと怖かったり情けなかったりするわけです。

ちなみに、わたくし、
撃ちモノを迫力を持ってやりたいがために、
52インチのテレビにしました。
X360をHDMI対応のバージョンに買い換えました。
1年で20本以上のゲームを買いました。
ゲームで負けるとよく怒ります。
SF、戦争、マフィア系のDVDも多く持っております。
家族もおりません。
社交的でありません。
社会にも自分にも不満だらけです。
毎●新聞の視線で言えば、
もー、死刑レベルの危なさです(笑)

« ゲームと事件 | | プロと素人の境 »