人間風車

2008/05/27(火)
【アイデアの種】

人それぞれに発想法というのがあると思う。
自分の場合は、
種と種が自然につながるのを待つという方法だ。
種というのはアイデアの元みたいなもので、
それ1つでは、
商品はおろか1つの遊びにもならないような
小ネタというか予感みたいなものだ。
そういう種を頭の中にたくさん浮かばせる。
順番とか数とか関連性とか
一切考えないで、脳内空間に無造作に放出する。

すると、何かの拍子で、
それまで無関係に思われていた種と種が
くっつくことがある。
1組の種と種がくっついたことで、
他の種もくっつくことがある。
そんな連鎖反応を繰り返すと、
なんとなく1つの遊びになっていく。

自分の場合は、
そういう発想法が性にあっているみたいだ。
この自然発生的発想法は、
自分でも気がつかなかった
(というのも妙な表現だが)
意外なリンクが見つかったりして
非常に楽しいんだけど、
いかんせん、効率が悪い。
何日までに企画を提出というような仕事には向かない。
種と種がむすぶつけば、一瞬。
でもいつ結びつくかは不明、
それどころか結びつくかどうかも不明だからだ。
無理に種と種を結びつけることもあるが、
そんなときはやはり
理屈っぽいアイデアになってしまう。

なんとなく、次のことを考える、
そんなタイミングにあった発想法だ。

そして、今がちょうど
自分内ではそんな時期かなーと思って、
暇なときは「種まき」にいそしんでいる。
この時期、たくさんの本を読む。
たくさんの映画を見る。
たくさんの知らない遊びに手を付けたりする。
知らない場所にでかけたりする。
(これは最近なかなかできないが)
それでなくても
ふだんから通販バカと言われているが、
通販狂というレベルまでいろいろなモノを買いあさる。

そうした中で、いくつかが「種」になる。
今もいくつか脳内空間に浮かんでいる。
おとといあたり2つの種がくっついた。
果たしてモノになるかどうか、、、
経験上、もう1個、2個の種がくっついてくれないといけない。
幸運を祈る>おれ

« 農業国となれ>日本 | | TVゲーム、ボードゲーム »