人間風車

2008/08/05(火)
【悩んでいます】

iphoneのジョークアプリ『蚊取りPOD

20080805.jpg

キーンという音を出して、蚊を撃退するとかしないとか。
こういう1発ネタは好きだ。
この軽さ、角度、スピードみたいなものが好きだ。
こういうのを作りたい。
商品として作りたい。

パタッ。

ここで、思考が止まってしまう。
どうしたら、
こうした1発ネタが商品になる?
例えば、上の『蚊取りPOD』に、
スコア、お金、時間制限、
特殊アイテム、お邪魔キャラなどの
ゲーム性を足す?
考えただけで、
このアプリの本来持つおもしろさが
消えていったり、見えなくなったりしてしまう。

じゃー、値段を考える?

1000円は無理でも100円なら、
こういうネタにお金を出してくれるかも。
つまり100円の商品にはなるかも。
そうかもしれない。
しかし、それ単体ではよくても、
長いスパンの仕事として考えると、
なんか仕事が荒れそうだな。
薄利多売にならざるを得ないからだ。

元締めになる?
たくさんの人に協力してもらって
作品を寄せ集める?
しかし、それだったら、
フォーマットフォルダーのほうが適任だ。

やりたいことをしたいのか?
ビジネスをしたいのか?
もし、両者が一致しないとき、
どちらをとるつもりなのか?
そういう原点にもどってきてしまう問題?
いや、それもなんだか、
青臭すぎるというか短絡的すぎる気がするぞ。

ということで、
久しぶりに悩んでます。


« 2時間 | | 「悪い」わかりやすい »