人間風車

2008/08/21(木)
【決着ルール】

オリンピック野球。
調子が今ひとつ悪いようだけど、
ダルビッシュ、田中、川上、岩瀬、上原、
なんて、
普段のプロ野球じゃ絶対にあり得ない。
オールスターでもあり得ない、
夢のような投手リレーが見られるオリンピック。
感謝しております。
っていうか、
オリンピック終わったら、全部、巨人にくれ~~~。

きっと普段プロ野球を見ていない人だって、
こういうすごい人たちばっかりのプレイだったら、
かなり楽しめるんじゃないかな。
野球は人気が低迷しているんだから、
こんなときこそ、「営業」と思って、
国外に出て行っている人も含めて、
超一流選手を総動員して
オリンピックに臨むべきじゃないかな。
といっても、
今回が正式種目としては最後なので、
遅すぎる話だけど。

それはそうと、
オリンピックを見ていると、
スポーツ種毎にいろいろな「決着」のルールが
あっておもしろいなと思った。

サッカーのPK戦は有名だけど、
柔道だとゴールデンスコア、
(先にポイントを上げた方が勝ち)
レスリングでは、
一方が片足を持った状態からの攻め、
もう一方が守り。
30秒間にポイントを上げたら攻め側の勝ち、
守りきったら守り側の勝ちと相当変則的。
ソフトボールでは、ノーアウト2塁から始まる。
野球ではノーアウト1塁2塁から始まり、
どこの打順から始めるかも指定できる。
(このルール、
日本のプロ野球でも採用すればいいのに)
きっと、それ以外にスポーツにも
いろいろな「決着ルール」があるんだろうな。
だれかまとめてほしいな。

そもそも規定の時間内に決着がつかないほど、
実力が拮抗しているので、
同じルールのまま時間を延長していても
らちがあかない。
決着が付きやすいようなルールに変更する必要がある。
かといって、
それまでのプレイを台無しにしてしまうような
ルール変更もまずい。
というあたりで、
いろいろ知恵を絞っているあたりがおもしろい。

« テレビ型オリンピック | | オリンピック勝手に総括 »