人間風車

2008/09/12(金)
【ちょっといらいら】

仕事帰りに機嫌が悪い自分に気がついて、
なんでなんだろーと思ったら、
どうやら、仕事の中で出た話で
イライラしていたみたいだ。
どうりで、向きに反論してたわけだ!
って、
帰りのタクシーの中でわかるなんて、
遅すぎ!

どうも自分は、
小利口さんが苦手のようだ。
きっと自分もそのジャンルに入るから、
余計にそうなんだろう。
やる前から結果がわかるような口ぶり、
負けないことが勝利であるような価値観、
今の流行の延長に未来があるという単純な思考を
たくさんの専門用語でもって、
いかにも熟慮した結果の予測のように語る、
それでいて、実体験がない。
全てがデスクトップ上からの情報。
どーも、
そういうのが苦手みたいだ。

ゲーム制作の現場は職人職人しすぎていてよくない。
(とくにうちとか)
と常にブツブツ言っているくせに、
そういうときだけは、
「ゲームは現場で作っているんだ!」
と妙に職人気質になってしまう。
困ったもんだ。

自分に唯一ある自負は、
ともかくこの10年、
ふてくされず、作り続けてきた。
ずっと現場にいた。
実際に手を動かし、
胃をキリキリさせ、
目を真っ赤にし、
腰をぱんぱんにして動いていた。
それだけだ。
結果はちっとも芳しくないので、
誇れるとしたらそのことぐらいだ。

負けないことが大切なら、
やるよりやらないほうが「勝ち」なこともある、
ということも言えてしまう。
これは悔しいし、もったいないと思う。
ということを
ちゃんと語れない、口で勝てない自分。
きっとイライラしてた本当の原因は
そういうもどかしい自分に対してだったんだな。
と今わかった。

« CDEDC終了 | | ピリピリ感 »