人間風車

2008/09/15(月)
【ピリピリ感】

世間は連休らしいですが、
うちは通常日です。
この時期は、
曜日はもちろん、昼も夜も家も会社も関係ありません。

この時期の自分は非常にピリピリしております。
以前は、そんなことでは
現場が緊張してしまうからいかんと
思っていたんだけど
今では、この時期はそのくらいの緊張が必要と思い、
素直にピリピリ感を出すことにしている。

なんでできあがってこない!
なんで質が上がらない!
なんで今更!
なんで今まで!
なんで倒れる!(笑)
と外に対するイライラだけじゃなく
自分の中だけでも
経営責任者の自分と監督の自分が
予算やスケジュールのことでケンカしているわけです。
ピリピリしないわけがないです。

そして、きっと、
オレ→スタッフだけじゃなく、
スタッフ→オレ的な不満も同量にあるわけです。
なんでもっと早く言わない!
前言ったことと違うじゃない!
言ってることがわからない!
などなど。

そうやって、
あちらこちらがギスギスして、
摩擦熱が出て、
スケープゴートがつるし上げられ、
あちこち、一触即発の状態になる。
これは、必須の現象、
ゲーム制作最終段階の醍醐味であります。
(きっとゲーム制作以外でも同じだと思う)

そういう状況ってのは、
危険にさらされた野生動物のように、
センサーをマックスまで敏感にできるチャンスでもあるので、
パニクったり、自暴自棄になったり、落ち込んだり、
悲しんだり、不安がったり、怒ってはいけない。
ましてや人のせいにしてはいけない。
自分のピリピリ感を、
自分の仕事の精度アップ用の武器として
利用しないといけないわけです。

そういった訓練ができるのは、
こうした状況のときだけなので、
とっても貴重なわけであり、
つまらないレベルで「鎮火」させてしまうのは
もったいない話なのであります。

« ちょっといらいら | | はまるとあきる »