人間風車

2008/09/18(木)
【サーキュレーター】

この夏は猛暑だったのに、
意外にクーラーを使わなかった。
っていうか、
ちょっと意識的に使わないように心がけたりしてみた。
その代わり、
サーキュレーター」に活躍してもらった。
「サーキュレーター」とは
扇風機の強力なヤツみたいなもので、
直接体に風を当てると言うよりは、
部屋の空気を撹拌するのが目的の扇風機だ。
結果、
天井や壁に当たって「柔らかくなった」風が
なんとなく体に触れるという程度の風力となる。
そのため、
サーキュレーターはいつも
あらぬ方向(天井とか)を向いている。

これが快適なのです。
扇風機の風が直接体に当たるのって、
どーも苦手で、
回しっぱなしで寝ると
10000%風邪をひくんだけど、
サーキューレーターの場合、全然大丈夫。

ということで、この夏は、
結局、暑さしのぎには
冷たい空気、強い風なんてのは
必要なかったってことだなと実感した。
冷やさないといけないとか
直接体に風を当てた方が涼しいとか
弱い風なんて意味がない
なんてのは幻想だ。
とまでは言わないけど、
軽い冷気と軽い風、
それに不規則な風のながれ
(きっとこの要素が効いているんだとおもう)
これで十分暑さをしのげるとわかったのはもうけもんだ。

これで少しは省エネのお手伝いができる。

« 事故米 | | ゼロクリア »