人間風車

2008/10/31(金)
【やる気=使う気】

地域振興券みたいなのを2兆円か。
どうやら1人あたり、
1.5万円くらいの給付になるらしい。
この瞬間的刺激策が
経済立て直しに効果があるかどうかは、
ぜんぜんわからないけど、
くれるものはなんでもありがたい!(笑)

きっとあっという間に
「換金システム」ができあがって
お金に換える→貯金する
という流れになっちゃう気がしないでもない。
どうせなら、
期限付き、地元でしか使えない
そういう地域振興券にすれば
みんなモノを買うしかも地元で、
としかできないのでいいんじゃないかな。

と、同時に出た3年後増税。
この発言、けっこう評価してるんだけどなー。
昔、よくお小遣いの無心をしたとき、
まず叱られてから追加で融資してくれた。
そんなことを思い出す。
バーターなのはいいことだ。
もっとも取られるモノは
何でもイヤとい心境でもあるんだけど。

この発言の結果、
それまでの3年間、
増税に対処できるよう、
さらに財布のひもが固くなるんだろうか。
それとも、
3年以内に買えるものは買おうとするんだろうか。
(自分は完全に後者だけど)
どっちに動くか楽しみだ。
結局、
施行1ヶ月前に瞬間的に買い物が増える、
くらいなんだろうか。

後者が増えればさらに個人消費が伸びる。
伊勢丹カードがそうであるみたいに、
年間に使う額(=支払う消費税)に応じて、
消費税を下げるとかしてくれれば、
もっと「やる気」(=使う気)がでるのにな。
そのとき、
クレジットカードでの支払いじゃなきゃダメ
とするとみせがわの売り上げが透明化するので、
店にあずけた消費税がちゃんと国の金庫に入る。
(今のシステムだと、
商品購入時に「あずけた」消費税は、
意外に店の「もうけ」になってしまっている気がする)

« モノがじゃまくさい | | 出版業界は2次情報産業 »