人間風車

2008/11/17(月)
【訳ありゲーム】

自分で手に入れた「得」と他人がくれた「得」、
同じ機能、同じ量の「得」であっても、
自分で手に入れた「得」のほうが得に思える。
1万円の節税と
1万円の給付
財布から1万円減らないという機能では同じだが、
前者は自分をほめてやりたい気持ちになるのに対して、
後者は瞬間の感謝で終わってしまう。
このあたりがむつかしい。
ゲームにおけるプレゼントも
政治におけるプレゼントも同じくらい、
気をつけないといけない。
大きな負担(金銭的も労働的にも)するのに、
それに見合う分だけの効果が得られないのは寂しすぎる。
あたかも、
自分たちで手に入れた「得」であるように
仕掛けるというのが大切なんだろう>おまえもな

リアル店舗でもネットショップでも
訳あり商品、アウトレット商品が人気なんだそうだ。
普段使いのモノには極力金を掛けたくない、
見栄を張る必要もない、
欲しい機能(栄養も含む)さえあればいい、
そういう観点で見れば、
見かけが悪かったり、少々の難であったり、
型落ちなんてのは、
全然気にならない。
そういえば、
ゲームではそういうのないなー。
「訳ありゲーム」
注)このゲームは十分にデバッグされておりません
注)このゲームはラストにばらつきがあります
注)このゲームは敵の強さは不揃いです
注)フィールドの広さが違っていたり、ない場合もあります
注)色のこけているキャラがいますが、機能に問題ありません
その分安いです!みたいなゲーム。
自分では作る気しないけど、
誰か作ってみてくれないかなー

« 1.2兆円を地域マネーに | | 暗号解読 »