人間風車

2008/11/26(水)
【WBC】

中日の全選手、WBCへの参加拒否
落合監督の言うように、
球団の強い示唆というよりは個人の判断だと思うし、
各選手は個人事業者なので、
個人の事情で諸々を判断するのは、当然の権利だろう。
が、
そもそも、プロのスポーツってのは、
ファンが存在して初めて成り立つ商売。
食べ物や工業製品のように生活に必要不可欠なものではない。
そこが違う。
みんな監督になることをいやがる、
選手も参加することをいやがる、
そんな状況をみてて、
野球ファンの自分としては
どうWBCを楽しめばいいのか困ってしまう。
どっちらけだ。
オリンピックですでにどっちらけているのに、
さらにどっちらけで、
さらにさらに、きっと結果でもどっちらける。
となると、
野球へのファン離れはもっと進むんじゃないのかな。
すでにテレビの視聴率をみれば、
球場に足を運ぶ熱心なファン以外の人の
野球への関心が急速に減速しているのがわかる。
個人個人の都合を考えることも大切だけど、
個人個人が、
野球界全体の盛り上がりのことも考えてくれないと、
おまんまのくいあげになるんじゃなでしょうか>落合監督
生活に絶対必要でないサービスってのは、
そのあたりをちゃんと考えないと滅びる気がする。

「オリンピックのリベンジだ!」と
全ての選手が自主トレ期間献上で、WBC参加に名乗りを上げた。
なんてなって、
そんでもって、大リーグに行っている選手も全員参加して、
日本のために戦って、
それに結果もついてきたりしたら、
ファンとしては盛り上がれるんだけどなー。
にわかファンも増えるだろうし。

残念。

« スリーピングライフ | | ゆっくり死んでいく »