人間風車

2008/12/19(金)
【与野党の攻防】

与野党の攻防?を見ていると、
沈んでいく船の上で、
船を助けるためにはこうすべきだ!
いや、それはダメだ!
じゃーどーすればいいんだ!
とケンカばっかりしていて、
結局何も行動を起こせないまま
船を沈ませてしまう。

きっと、海中に沈みながらも、
お前がちゃんとしないからこうなったんだ!
お前が反対ばかりするからこうなったんだ!
ケンカしているに違いない。

きっと年内になにも結論が出ない。
具体的な雇用対策もできない。
給付金問題は来年も迷走する。
選挙も出来ない。
消費税の時期も決まらない(言えない)
なあんにも決まらないまま、
景気はどんどん悪くなり、
その責任の着せあい合戦だけが白熱する。
そんなダメダメな予感がする。

1億円もらっている人は、
給付金を辞退すべきかどうか
なんてあたりの議論を聞いていると、
小学生が学級会で
遠足に持って行くバナナは、
おかずとみなすか、おやつとみなすか、
って話し合っている、
そんなレベルの話に聞こえてくる。

自民党じゃダメだと思って民主に票を入れた人。
けっして民主党がいいと思ったわけじゃなく
自民党よりまし、
日本もそろそろ2大政党制になるべき
とおもって民主に票を入れた人。
そういう人は、きっと、今は
こういう何も決まらない状態をつくるために
入れたんじゃないんだけどなー。
と後悔しているんじゃないだろうか。
んで、次回の選挙は、ホント悩むだろうな。
何を隠そう、おれはそういう人なのであった。

« 車は不要? | | 忘年会1 »