人間風車

2009/03/17(火)
【クリアすると手に入る】

###をクリアすると新たな###が手に入る
という仕様が
ゲームでは定石的に使われる。
例えば、
アイテムを#個集めとか、
エリア#までたどり着いたとか、
レベルを#をクリアしたとか、
そういうことが条件となって、
新しいアイテムやステージやレベルが
遊べるようになるという仕様。

これは、
だんだんと遊びが増えていくという
ご褒美的意味合いや
ゲームを続けるモチベーションや
クリアする動機になるという理由から
組み込まれることが多い。

しかし、もちろん
「増える」わけではない。
あらかじめROM内に入っている遊びが
「解放」されるだけの話だ。
考えようによっては、
全ての遊びはある条件を満たすまでやらせませんよ
と言っているとも言える。
お金を出して買ったのに、
ROM丸ごと自分のモノなのに、
遊ばせてもらえないことになる。

どこをどう、どの順で遊ぼうが
それは買った人の自由だ。
映画だってマンガだって音楽だって食事だって
どこから手を付けようが
どれだけ手を付けようが
すべてお客の自由だ。
100ページ目まで読んだ人だけが
200ページ目から先が読めるようになる
なんて本があったらどうだろうか。
読み進むモチベーションになると感じるだろうか。
読み進んだご褒美と感じるだろうか。

そういう視点で見ると、
クリアしたら遊べるようになるという仕様は
なんだかとても理不尽に思えてくる。
ヘタでも難易度の高いステージに
挑戦したいと思うこともあるだろう。
出来る出来ないに関係なく、
全ての要素に見てみたいと思うこともあるだろう。
そういう人を無視した仕様とも言える。
自分のモノなのに、
全てを遊ぶことが出来ない。
考えれば考えるほど、
不条理に感じてきたりする。

そういう不条理な仕組みを歓迎しているのは、
ユーザーよりむしろ開発者なんだろう。
いかにも遊びの仕掛けのように見える
あたりに甘んじている気がしないでもない。
う~~ん、やっぱり
おれはそういう仕組みを入れないように
がんばろう。

« 炭と塩 | | なんで5回も »