人間風車

2009/05/13(水)
【出ました!ハコモノ政策】

アメリカamazonでは、Wiiのゲームソフトなんかが
ダウンロードで買えるようだ。
amazonでゲームが買えるということじゃなくて、
WiiWare用のソフトなんかが、amazonで買えることに注目。

アメリカがグリーン・ニューデールとか言っている中、
日本はまたまたハコモノ作り!
科学事業なんたらかんたらの建物を全国に造る。
って、意味がわかりません。
選挙のための各議員への「おみやげ」にしか見えない。
というのはうがった見方でしょうか。
経済刺激策は必要だけど、
ハコモノを作るのはどうでしょうか。
ハコモノは、一部の業者にしかお金が行きません。
作ったあとに維持費もかかります。
っていうか、この経済刺激策のための資金って、
「借金」ですからね。
必要でないモノを作る余裕なんてないはず。
ああ~~~、
民主党さえ、しっかりしてくれていれば、、、(笑)

1万歩譲って、
土建系にお金が行くような対策がいいとしたって、
たとえば、
コンクリートで囲ってしまった河川の
内側に土を盛るとか葦を植えるとか、
人工の干潟を作るとか、
ダムや河口堰を壊すとか、
雨水が地下に帰りやすいアスファルトに吹き直すとか、
将来につながる土木工事とかしてくれればいいのになー。
それだったら、
この「借金」の担うことになるだろう、
子供たち顔向けも出来るってもんだ。

新型インフルエンザの致死率は致死率0.4%。
季節性のインフルエンザの致死率の10倍ってことで、
またマスコミが騒いでいる。
衛生、医療環境のよくない
メキシコだけのデータであるとかを
ちゃんと考えれば、
あおるような事態ではないはずなのに。

今回H1N1型の感染は、
弱毒性と言うこともあるし、
来るべきH5N1型の襲来のための
いい訓練になったと思えばいいのかもしれない。
医療体制、みんなの心構え、
そして、マスコミ報道への見方。
それらの訓練になったと思えば
いいのかもしれない。

« GW明け | | 成功の父、失敗の子供 »