人間風車

2009/05/22(金)
【テレビとの相性】

最近、
前から好きだった『はんにゃ
がよくテレビに出るようになってうれしい。
が、同時にすごく不安になった。
フリートークがうまくない、、、。
これではテレビから消えちゃう。

不条理な話で、
コントや漫才がうまくて人気がでたコンビは、
テレビでは、その「芸」を披露する機会がない。
テレビでは、フリートークだけが求められる。
芸を作ったり、演じたりする才能と
反射的にするどいフリートークできる才能は、
あきらかに違う才能だ。

テレビでは、
前者の才能しかないコンビは、
すぐに居場所を失ってしまう。
『ダウンタウン』のように
両方に超越的な才能があるか、
×××のように、
フリートークしかおもしろくない人のほうが、
テレビでは生き残りやすい。

コントはセットを作ったりしないといけないので、
番組コストが高い。
その点、フリートークは見るからに安い。
(実情は知らないけど)
1人のフリートークで持たない芸人の場合は、
ひな壇にたくさん並べることでなんとかする。
あるいは、
司会者はきっちりおもしろい人にしておく。
最近、
こうした番組ばかりになっている気がしないでもない。

昨今の経済状況の影響も大きいだろうし、
そもそも、テレビというメディアが、
作り込んだ世界を映すより
瞬間瞬間の生の表情を伝えるのが
得意ということもあるんだろう。

う~~ん。
でも、残念というか、もったいないというか。

« ウィンドウショッピング型にして | | パイロット版 »