人間風車

2009/10/02(金)
【告知など】

えっと、
今度の日曜日の番組にちらっとでるかもです。
(プレビューしてないので、どのくらい出るのか???)
どういうわけだか、
群知能について語るというポジションでした。

 10月4日22:00~23:30 NHK BSハイビジョン
 ハイビジョン特集
 「北の海にホッケが舞う ~群れ、その神秘の物語~」
 再放送 10月11日(時間未定)


今週は、首都大の子がインターンとして
うちに来てて、
お仕事っぽいことを頼んでたりしたんですが、
最後の日に、
ちょっと学校の課題っぽいことを
やってもらってみた。
美大の授業では、
よくあるタイプの課題なんですけど、
けっこう、
いい頭のストレッチになったりします。
ということで、
せっかくなので、ここで公開。

【課題】
DS用ソフトとして、時計アプリを
2時間で30個、考えてみる

【発想のお約束】
・常識にとらわれない
・すでにあるモノはいらない
・人のモノをマネしない、加工しない
・バリエーションを出さない
・退屈なモノ、ことは考えない
・売れる、売れない、受ける、受けないは考えない
・細かいことにとらわれない
・短所を減らすより長所を伸ばす

【アイデアのヒント、視点】
●何の時間を知りたいのか、何をの時間知らせるのか
・今の時刻?
・今までの時間?
・残りの時間?
・今の場所?
・誰の時間?

●時間が進んでいくのを知らせる
・時間が刻一刻と進んでいくことをどう表現する
・進んでいくのか、増えていくのか、
    減っていくのか、変化していくのか

●12進法、24進法、60進法の表現方法
・12、24,60(個)で1周期(1ターン)
    することを別に表現する

●時刻(数値)の表示
・数字以外の表現はないか
 例)2進法は、●と○で表せる

●時計の機能
・時刻表示、目覚まし、ストップウォッチ
    以外の使い方

●アナログ時計の一周とは
・一周することを別に表現する
・一周することを遊びにする

●2画面の使い方
・四角い画面と時計の表現の関係
・2画面の役割分担
・2画面の連動

●ボタン操作とスクリーンタッチ
・時計という機能とタッチすると
    いうことをどう結びつける
・タッチかドラッグか

●具象的なビジュアル以外の要素
・音での表現
・光での表現

●必要なとき(時刻を知りたい時)
 以外でも見てしまう要素
・つい、立ち上げてしまう
・つい、いじってしまう
・いつまでも立ち上げている

« 点の力、線の力 | | 不自由さという軽さ »