人間風車

2009/10/14(水)
【オンデマンド・ゲーム】

取り次ぎ、小売りとの問題。
買い取り制の問題。
中古の問題。
在庫の問題。
さらに、
Webとの問題っていうか競争。
これらのやっかいの問題に
真っ先にぶつかったのが出版界だ。
でも、
これは出版界だけの問題じゃなくって、
新聞だって、テレビだって
ゲームだって、音楽だって、映画だって
例外ではない。
時間の問題、規模の大小の問題に過ぎない。
なので、
大先輩である出版界の動きは、
みんな注目しているところなのだが、
今のところ、
打開案を見つけたなーという感じがない。
むしろ、はた目には、
今まで以上に守りに入ってるなー、
今まで手に入れた
権利と利益を守ることに固執してるなー
とさえ映る。
他のメディアも同じような動向になるのかな?
だったら、つまんないな。
こと、Webとの関係に限れば、
競争とか対立とか戦争とかの関係じゃなく、
共存という視点を大前提にして
解決案を探していかないと
なかなか、
イイ着地点は見つからないんじゃないかな。

てなことより、
オンデマンドの出版のように、
オンデマンドのゲーム(世界に1つだけのゲーム)
を作ったらどうなんだろう。
売れるのかな。ほしいのかな。
単純な例では、
主人公以下登場人物、地名、アイテム名
すべてあなたが決めたものにします。
から、
あなたのキャラやシナリオ組み込みますよとか、
あなたの戦闘システムでやりますよとか、
あなた自身を出しますよとか、
そんなんまで。

いちど、
全く知らない人とのコラボなんてのもやってみたい。
ゲームは遊ぶのも楽しいが、
作るのは
その100倍も楽しいからだ。

« 荒れ地発電 | | 今日の気持 »