人間風車

2009/10/30(金)
【エネルギーの輪廻】

今日で今週が終わり、
今日で実質上、今月が終わり、
今日であれからの1年が終わる。
早いと言えば早いけど、
長いと言えば長い。
物理的時間は、
よどみなく進むのだけど、
人間社会はそーはいかない。
物理的時間の区切りと同期しない。
なので、
実質上というか、個人的には、
今日も「途中」。
今週も今月もこの一年も「途中」。

エコは輪廻のように考えないと行けないと思う。
エネルギー保存の法則がある限り、
1つのモノでエコとか言っていても仕方がない。
例えば、電気自動車。
電気自動車は
たしかにCO2を出さないけど、
電気自動車の電気を作るために、
(現状では)発電所が電気をつくる。
それが火力発電所なら、
火力発電所が、
電気自動車の代わりにCO2を出す。
太陽光発電や原発にたよれば、
CO2を出さないので、
CO2問題は解決するけど、
電気自動車は動けば熱を出す。
廃熱もまた地球を暖める。
エネルギーは保存される。
使われたエネルギーは、
なくなるのではなく形を変えるだけだ。
太陽の光のエネルギーを、
電気の形のエネルギーに変え、
それを、
熱の形のエネルギーに変わるだけで、
使われるエネルギーの量は減ることはない。
魂の輪廻のように、姿を変えるだけ。
廃熱をどうリサイクルするのか、
つまり、
どう輪廻のサイクルに閉じこめるか、
そこまで考えないと
電気自動車はクリーンではないことになる。

そもそも、
個人で車を楽しんでてイイ時代なのか。
っていう問題でもあるし、
地球にこんなにエネルギーを発散して大丈夫なのか。
っていう問題でもある。
そのあたりまでさかのぼってっていうか、
全体のシステムの一部として
電気自動車を考えていかないと
うまくいかない。

電気自動車=エコって、
あまりに世間が簡単に言うので、
ちょっと反応してみました。

« 仮説と検証、その繰り返し | | 地産地消ゲー »