人間風車

2009/11/04(水)
【地産地消ゲー】

テレビで紹介してた「美少女図鑑
というのはおもしろいなー。
各地方の美人図鑑。
モデルが地元。
ロケーションも地元。
撮影~配布スタッフも地元。
配布先も地元(限定)。
完全地産地消。

グローバル化、ワールドワイド化
ボーダレス化と
脊髄反射的にわめいてる世間に
逆行しりしてるあたり、
とてもシンパシー&興味がある。
しかも、
好評を得ているアタリがすばらしい。

大量生産、大量消費型社会は終わった。
と言われて久しいが、
企画開発の場では、
たくさん売れる、みんなに売れる
という価値観が
依然として大きな圧力となっている。
そして、
20世紀の事情そのままに、
大作化、シリーズ化、類似化が進み、
おなじものばっかりが棚に並び、
商品の彩りが失われていく。

ゲームでも「美少女図鑑」と
同じようなことが出来ないかな。
登場する人物も場所も地元。
地元でしか買えない。
できれば、作り手も地元。
そんなゲーム。

以前、直島に行ったとき、
この島を使った
アドベンチャーゲームとかあったら、
おもしろいなーと思った。
直島でしか手に入らないゲーム。
ご当地キティーちゃんみたいなゲーム。
そんなんができたらおもしろいかも。

ダウンロード販売なら、
少なくとも流通、販売の負荷はさげられる。
買ってきたゲームを
あげられるようなシステム
(2個セットとかになってるとか)
があれば、
「おみやげ」にもなるし、
観光とからめて、
ある神社の裏でしか買えない
ゲーム(パーツ)があるとかもいいかも。

誰でも簡単に好きなだけ手に入る。
という飽食感よりは、
なかなか手に入らないという
適度な飢餓感が
楽しいんじゃないかと思ったりする。

« エネルギーの輪廻 | | 球場の広さ »