人間風車

2009/11/30(月)
【 酢鶏さん】

それにしても驚いた。
マイミクのマイミクの酢鶏さんが、
人間じゃなかった。
いろんなマイミクさんのマイミクで、
相変わらず、世間は狭いなー
というくらいに思っていたら、
人工無能だった。
つまり、生身の人間の発言ではなく、
自動生成された人工のメッセージ群だった。

一応、世間的には、
こうした人工知能的分野には
明るいということになっているので(笑)
存在を全く知らなかったって、
お恥ずかしい限りなんだけど、
イライザ的な仕組みっていうのは、
歴史的な価値はあるけど、
現在じゃー、
そう、有効じゃないんじゃないかな、
人がしゃべってるか、
自動生成のメッセージかなんて、
ブログやチャットが
ふつうになった時代では、
簡単に見破られてしまうに違いないから。
なんて思っていたので、
さほど、注意を向けていなかったのでした。

それが、まさかのチューリングテスト合格!
つまり、あたくし、
それが人か人工知能か、
区別できなかったわけでして、
甘く見ててすみませんでした!
なのでした。

なんで区別できなかったのか。
ここんとこ、それを考えてたんですが、
情報の不足や不正確さを
人間(あたし)が補足してしまっていたため
じゃないかと思ってます。
自分には通じないコメントだけど、
2人の間では、自分に見えないところで、
何かしらやりとりがあって、
話が通じてるんじゃないか。
例えば、
「この間はどうも」なんていう
酢鶏さんのコメントは、
よく考えてみれば、
何も言っていないというか、
何に対しても使える、
汎用的メッセージなんですが、
酢鶏さんを人間と思い込んでいれば、
酢鶏さんと酢鶏さんの相手で、
最近、飯でも食べたのかなと
勝手にイメージを補足して
不自然さを消してしまっているわけです。

これは目から鱗でした。
あたかも人のように、と設計するには、
より正確に、より具体的に、
よりたくさんの情報を、より複雑に、
と考えがちだけど、
むしろ、
情報を極限まで減らして、
見る側にイメージの補正をさせてしまうのが
正解だという逆説的な結論を得たわけです。

実際、
この「酢鶏」さん、twitterにもいますが、
こちらのほうがさらに人間くさいのです。
twitterのほうがmixiより、
さらにコメント量が少ないのに!

俄然、
こうしたbot系への興味がわいてきてるなう。
そんなところです。


残念ながら、この驚きは、
最初から
酢鶏さんが人間じゃないとわかってて、
酢鶏さんのコメント読むのでは
味わえないのですね。

« 一点強化主義 | | google IME »