人間風車

2010/03/01(月)
【ハウステンボス】

先週は社員旅行でした。
長崎ば、行ってきました。
ハウステンボス」ば行って、
いろいろ考えさせられました。

オランダというネタで、
あの広さが持つと思ったのか。
オランダといったら、
風車とチューリップしか思いつかない。
パーク内では、それプラス、
エッシャーとチョコレートとチーズを
売りにしていたんで、
それらも特産品なのかな?
(エッシャーは人間だけど)
どのみち、
それらの「ネタ」であの広さは埋まらない。
それは計画のときから明白だったはず。
という意見が出てこなかったのかが、
まずは???

2つめはスキがありすぎ。
作業用のバンが、
オランダの街を走っていたり、
オランダのおみやげ店に
「有田焼セール」ののぼりが出てたり、
オランダのレストラン街に
ちゃんぽん専門店があったり、
そうでなくても薄いオランダ風味を
さらに打ち消してしまっている。

これじゃー、
破産するのは当たり前だろうと思った。
そして、改めて、
ネズミランドの偉大さを確認した。

ネタとボリュームのバランスはいいか?
ネタの世界観を徹底的に守っているのか?
ってあたりは、
自分たちの稼業でも
ちゃんと考えていかないといけないなと
反面教師的になってくれたので、
社員旅行のイベントと言うよりは、
社会見学のイベントとしてはよかった。
(「こうして私たちは失敗した」という
社会派テーマパークに変わるのはどうだろうか)

PS:
逆に「バイオパーク
は楽しかったな。
お勧め。
多くの動物と触れあえる
(文字通り、触れられる)のはうれしい。
ただし、ここへのアクセスが
路線バスしかない(しかも1時間以上かかる)
というのはいただけない。
そういう意味でここもツメが甘い。

« 自分らしさって何だろ | | ピーターとおおかみ »