人間風車

2010/03/18(木)
【反対!】

「青少年の健全な育成」のために、
「青少年の健全な人格形成に対して有害」な
「不健全図書」を指定して排除する。
という動きは珍しくないが、
多くの人が指摘しているように、
今回の
東京都の青少年育成条例改正案は、
お粗末というか、怖いというか、ご乱心というか、
なんで今?というか、
なんでここまで「非実存的」ってことにこだわるのか、
不思議な提案である。
(レイティングの表示義務くらいで
すむ問題だと思うのですが、、、)

この改正案に対しては、
すでに多くの著名人(主にマンガ家、弁護士)が
反対の意思表明をしているので、
なし崩し的に消えていくんじゃないかと
楽観している。

こうした「規制」は、
別に漫画やアニメだけに影響があるわけではなく、
ゲームも対岸の火事として
見過ごすわけにはいかないはずの問題だ。
しかし、残念なことに、
著名なゲーム作家やゲーム会社が
表だって反対運動をしていないように思われる。
(たんに、情報不足なら、すんません)
なので、
一応、私は「バカじゃないの」と
反対の意思を表明しておきたいと思います。
そして、万が一、
十分な審議なく、
この改正案が進められるようなことがあれば、
反対行動もせんといかんかなと思ってます。

子供たちよ!
世の中は漫画やアニメに限らず、
多くの誘惑や間違いや暴力に満ちている。
それを正しく受け止める力、
それに耐える力を
小さいうちから身につけてください。
無菌培養の「弱い」子供にならないでください。
大人は、情報を排除するのではなく、
子供たちが、そういう情報に
ちゃんと向かい合えるような
手助けをしてあげましょう。

« 中抜き | | 原則と対策は違うのだ~ »