人間風車

2010/03/31(水)
【500円】

全体の値段があがっている感じがした。
以前は、有料の場合、
115円が主流だった気がしたけど、
230円、350円って値段が
ずいぶん増えてきた気がする。
そんな気がした。
この全体の価格アップが
購買にどのくらいの影響を与えてるのか
知りたいところ。

しかしまー、
この値上げ?底上げ?自然増?は、
健全なゲーム提供の場としては、
よい傾向だと思う。
115円という値段は
いくらコンパクトに作ろうと、
よっぽどラフに作るか、
ありモノを流用するかしないと
原価割れする価格だ。
230円、350円でも厳しいんじゃないかな。
この感じで行くと、
作る側、買う側の利害が一致する価格は、
500円前後ってところかなー
という線が見えてくる。

開店セールス(無料、115円)で
十分な客を集めたappleだけど、
コンテンツの質が高まっていかないと
客が離れていくのは必至。
ここらのタイミングで
値段があげつつ、質が高くしつつ作戦は
とてもいいんじゃないかと思う。

この作戦がappleが描いた絵なのか、
各々のソフトメーカーの競争原理から
自然発生的に生まれたものなのか、
つまり、集合知みたいなものなのか、
そのあたりも興味深い。

最初から質の高いモノを作って、
自然に客が増えるのを待つか、
ともかくわっと人を集めてから、
だんだんと質を高めていくか、
どちらの戦略が正しいのかわからない。
というか正解なんてないんだろう。
売り手、作り手の体質、性格、
それによってどちらが合うか
って話なんだろうな、きっと。

« そっちに行っちゃうのかなぁー、おれ | | 「ヌカカの結婚」iphone用アプリ発売! »