人間風車

2010/12/13(月)
【アウェイ】

昨日は「iPhone・iPadアプリ大賞2010!!
というイベントに呼んでいただき、
「フォントモンスター」の紹介をさせていただいた。
iPhoneアプリを作るようになってから、
いわゆるゲーム業界以外の人から、
お声を掛けてもらうことが増えた。
IT関係の方、ファンド関係の方、出版業界の方などなど。
当たり前だけど、
どこもその世界独特の空気がある。
もー、すっかり鼻がマヒしているけど、
ゲーム業界も独特のフレーバーがあるんだろう。
で、昨日。
今までで一番強くアウェイ感を感じたw。
いや、別に不快だったとかそういうことじゃなく、
「この場におれがいるのは違う」
と強く感じた。
おれはここの住人じゃないんだというか、
もし、
iPhoneアプリの「中心」がここだとしたら、
自分たちは、
「辺境の地」の住人なのだなーと思った。
漠然としてるけど、なんかそんな感じがした。
(そーいやー、はじめてゲームを作ったときも
そんな風に感じてたっけな)

今まで作ったiPhoneアプリは、
周りではソコソコいい評価をいただいてたし、
伝え聞くセールス数の平均値よりは
たぶんイイ数字を出しているはずだし、
AppleのiTunes Rewind 2010 トップ10に
弊社のアプリが3つも選ばれた(それぞれ別の分野で)ので、
つい、自分たちも
「中心」近くにいさせてもらえるのかなと思ったけど、
いやいや、井の中の蛙、大海を知らずでしたな、全く(笑)

« テレビが損をしているところ | | コンテンツ多様性 »