人間風車

2010/12/21(火)
【レビュー】

某タレントが書いた小説が
いち出版社の大賞をとったことを
あーまでレビューでこきおろすというのは異常である。
平和っちゃー平和だけど。

通販サイトなどのレビューは
ほんと諸刃の剣である。
そこでの評価が売り上げを後押ししてくれるし、
逆に根も葉もないウワサで☆1をつけられることがある。
(うちも経験あり)
だいたい、
レビューを書こうとする人は
よっぽど喜んでくれた人か腹が立った人で、
☆1と☆5の評価が多い。
平均すると☆3になることが多いが、
実際に☆3をつけてるをつけてる人はあまりいない。
好きでも嫌いでもない大多数である人は
レビューを書かないからだ。

寡黙なユーザーの意見を取り入れるのはむつかしい。
つい、「声の大きい」人の意見に耳を傾けてしまう。
どちらが大勢なのか、冷静に判断しないといけない。

自分たちの作品だと
レビューなんてそんなもんだよ。
全然当てにならないよと思うんだけど、
他の作品はつい、
レビューで判断してしまうってのが罠だ(笑)

だれか、もっと精度の高いレビューシステムを
考えてくれるといいんだけど。

« テンション0コンテンツ | | 来週はもう来年 »