人間風車

2011/01/12(水)
【電子書籍元年】

去年は、電子書籍元年とか言われて、
うちなんかでさえ、かなり問い合わせが来ました。
テレビなんかは、いつもの調子で、
紙の本がなくなる時代へ!
とかあおるけど、
言うまでもなくそんな時代は来ないわけで、
どっちがいいか、どっちになるかという議論は不毛である。

結論は単純で、
同じテキストベースのコンテンツでも、
本の形で読むのに適しているものもあれば、
電子デバイスが適しているものもあると言うことだ。
たとえば、
保存しておきたいと思わないテキスト、
雑誌とか新聞とか恥ずかしい本
(別にHな本に限らず、読んでいるのがこっぱすかしい本)とかは
電子デバイスで読んで消してできたほうがいい。
また、
図鑑や科学本みたいに、
図やアニメーションがあったほうがおもしろいものも
電子デバイスが向いている。
逆に、
小説やじっくり考えるべき内容なんかは、
紙の方が落ち着くんじゃないかな。

電子デバイスは、
「光」を直接見ることになる装置なので、
目には辛い。
体が生理的にいやがるデバイスというのは、
普及にかなりのムリがある。

大きく変わるのは、素人と売れないプロ。
つまり作り手側。
電子化されても売れない、
売れても大した額にならないという事情は変わらないけど、
出るまでの敷居
(企画が通って流通が喜んで書店が置いてくれる)
は非情に低くなる。
市場全体としては玉石混合化がさらに進むので
手放しで喜べないかも知れないけど、
少なくとも、
作り手には電子化は救いの神になる。
絶版がなくなることは、
マニアックなユーザーにとってもありがたい。

ということで、
あるジャンルは急速に電子化され、
あるジャンルは紙のまま。
あるジャンルはその両方に。
と今年は、
棲み分けの進化が始まるんじゃないでしょうかね。

« 視線のベクトル | | リサイクル »