人間風車

2011/01/17(月)
【情報のシェアより気持ちのシェア】

ソーシャル・ネットワーク」という
facebookの開発物語をベースにした
映画が公開になったので、
行こうかなと思ってたんだけど、
えらい混みようだというので、腰が引けてたんだけど、
ふと、ネットで映画館情報を見たら、
日曜の夜なのに、
24時過ぎからのレイトショーがあると知って
急遽観に行くことにした。
(外に出て数秒で後悔。寒すぎ)

それにしても、東京はスゴイね。
こんな時間でも映画見られるんだもの。
その「スゴイね」の延長に
ネットテレビとかがあるんだろうな。
映画館が深夜までやっていようと
結局、そこに出向かないといけない。
上映時間も合わせないといけない。
自宅で映画がDLできたら、
観たいときにいつでも観られる。
が実現する。
すばらしい。早く充実して欲しい。
いつもテレビで放映されている無料の映画じゃなくて、
映画館で観る、レンタルしてみる映画の延長として
映画のDLをイメージさせることができれば、
みんなお金を出してDLしてくれるんじゃないかな。
逆にここを失敗すると
テレビという基本タダのフィールドで
商売するのは難しそうだ。

さらに、
ソーシャル・ネットワーク」を
観てきたから言うわけじゃないけど、
観に行く前、観に行った後に、
気持ちを共有する仕組みがあるとよさそうだ。
逆にそこがないとダメな気がする。
ただ、映画が観たいだけじゃない。
観た映画を通して誰かと共感したい。
情報のシェアよりも気持ちをシェアしたい。
その仕組みが用意されている。
そういうメディアにならないとダメじゃないかな。
そう書いてて
appleTV
が自分的にピンと来なかった(古いと感じた)
理由がそこにあるような気がしてきた。

« リサイクル | | 業界のニオイ »