人間風車

2011/03/03(木)
【例のカンニング問題】

例の携帯電話を使った受験不正の件。
電子デバイスを使ったとか、
インターネットを使ったとか騒いでますが、
不正をして受験した。
ただのカンニング事件である。
と思うのです。
それ以上でもそれ以下でもないと。
隣の人の解答をのぞいた、
懐に忍ばせたメモを見た、
他の人からそっと教えてもらったのと
同じカンニングだと。
こうした問題に限らず、
電子デバイスを使ったり
インターネットを使ったりすると
特別な犯罪、深刻な犯罪というとらえ方をするけど、
それってどーなんでしょうね。
注)
カンニングを擁護しているわけじゃないですからね。
カンニングはもちろん悪いことと思ってますからね。

それはそうと、
なんで
受験会場への携帯電話等電子デバイスの持ち込みは不可
にしないんでしょうかね。
電波が届かなくしたって
スマートフォンになれば
中に辞書や電卓など、なんだって入れられるわけだから、
外部と遮断すれば安全なんて話にはならない。
受験生を犯罪者のように見たくない
と誰かが答えてましたが、
性善説とか人権保護と
不正防止の措置をごっちゃに考えるのは
間違っていると思うのですよ。

いっそ、逆に、
他の受験生の迷惑にならないものである限り、
あらゆる装置の持ち込みもあり、
人脈、IT技術を含む、
自分の総力を用いて受験に立ち向かう
(その分、問題を難解にする)
ってのも、おもしろいかもと思った。
実際、
社会で求められるのは「答え」であり、
そこにたどり着く「方法」や「道順」ではないのだから。

まー、そう考えると
そもそもあんな試験で人を選別するなんて、
っていう受験の本質に関わって来ちゃうんですけどね。


« ホントに好きか | | 連立方程式 »