人間風車

2011/03/31(木)
【まだ早いんじゃないでしょうか】

マスコミ報道やツイッターのTL上に
原発要不要論が流れ出した。
震災のショックが一段落して、
みんな
震災ナウから復興ナウモードになってきて
新しい仕組みやルール作りの提案がされている。
その中の1つとして
この先、原発どーすんのよ?
という話が出てきているんだろう。

個人的には、まだ、
原発のことを話すのはちょっと早い気がすると思っている。
1つは
原発がまだのっぴきならない状態だということ。
この対策が一段落するまでは
気持ちが落ち着かない。
もう1つは
今の節電、停電生活を1シーズン経験していないこと。
特に夏場を超えていないこと。
夏場を過ぎた頃、
つまり電気消費がピークの時期を終えた秋、
そういう生活が始まって半年すぎたくらいの秋、
そのときにどう思っているか。
意外と節電も停電も慣れるもんだよね、
と思っているかも知れないし、
いやいや、これは大変なことだぞ
と思っているかも知れない。
そのとき(秋)が、そういうことを話すに
ちょうどいいタイミングなんじゃないかなと思う。

危険性、経済性といった「理屈」とともに、
実際にそういう生活を送ったときに感じる「実感」、
それも、
原発について考える1つの要素にしないといけないと
ちゃんと判断できないのではと思っているのです。

ただ反対というのは簡単だけど、
じゃー、どうしましょ?
という代替アイデアまで考えてないと
ことは進展しないと思う。
また、原発の批判は具体的、
でも、代替アイデアは夢物語、
これではバランスが悪い。
さらに、
こうしたことを考えるには「平常心」で考えないといけない。
わたしたちはまだ、
全然「平常心」にもどれていないんじゃないだろうか。

ついでに、
犯人捜しももう少し待った方がいいと思う。
そりゃー、きっと国や東電にも落ち度はあったのでしょう。
でも、今は、
それを暴いたり裁いたりするフェーズではない。
今はともかく、
彼らに事態を収束させることに集中してもらいたい。
集中させてあげたい。
彼らしかできない作業だからだ。
一段落してから、
反省なり制裁なりするで遅くないと思う。

こんなことを書くとまた
原発推進派に見られるのかな(笑)


« ブームにしないようにしないとね | | 薄い暗い幕 »