人間風車

2011/04/28(木)
【一等賞!】

なんと、ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2011で大賞をいただきました。
ちょー嬉しい&ありがとうございました。
ちょうど、「ヌカカの結婚」を出して1年で、
こういう賞をいただいて、
なんか、この1年やってきたことが
間違っていなかったんだな
と今しみじみ実感しているところです。
もっとも、
まだまだ商売としては全然いけてないんですけどね。

実は、このアプリは最初、
携帯ゲーム機で出したくて、
(ゲーム機で絵本の配信とか逆におもしろいかなと思って)
某所で見ていただいたんですが、
「何が面白いのかさっぱりわからない」
とまでの酷評をいただいて、
ゲーム機と相性が悪いという話なら
あるかもとは予測してましたが、
「おもしろくない」はちょっと想定外で、
ちょっとしょげてたといういきさつがあります。
ホントに自分たちの考えが
おもしろくないのか、
どうしてもそれは世に問わないと
ちゃんと先に進めないなと思って、
じゃー、自分たちで全部作っちゃえ。
iPhoneアプリならそれはできるかもと
作ったのが「ヌカカの結婚」です。

自分たちがおもしろいと思うことが、
自分たちの力だけで形に出来て、
自分たちの力だけで売りに出せる。
そういう時代がきたこと。
そして、
そういう環境で作ったアプリが
大賞という評価をいただけたということで、
うちと同じような小規模なソフトハウスの方や
若いクリエイターの人たちへ
精神的な後押しができたんじゃないかと思えて
ホントうれしいです。

電子書籍に関して言えば、
まだまだ、どこも正解にはたどり着いていないなと思ってます。
どんなジャンルが合うのか、
どのくらいのボリュームがいいのか、
絵や音はどのくらい入るといいのか、
通信機能は使えてないぞ、
などなど、
まだまだ、
探っていかないといけないことがいっぱいあります。
「仮定と検証、その繰り返し」×その速度
進歩とはそういうものだと思っているので、
これからも精進していきたいと思ってます。


« おかげさまでーす | | うぬぼれ力 »