人間風車

2011/08/29(月)
【福島GameJam】

土日に行われた30時間でゲームを作るイベント
東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬
を観に行ってきた。
その場で作られたチーム、
2人~5人程度少人数、
30時間でゲームの企画から制作まで行う
そんなムチャなイベント。
南相馬本部以外に、札幌、東京、博多など
4つのサテライト会場があって
全体で100名以上の参加があったみたいだ。

いったいどんな雰囲気なんだろう
どんなものがあがってくるんだろう
というのが気になって、
ふらっと観に行ったのでした。

30時間でまともなゲームなんて作れないよ。
ゲーム作りってのは時間も人もお金もかかるもんなんだ。
「プロ」の人たちは反射的にそう言いそうだけど、
いやいや、
意外といけるもんですよ。
10チーム中3チームくらいは
形にまとまらないまま終わっちゃうんじゃないかと
予想してたんですけど、
そういうチームはほとんどなかった。
みんな、ちゃんと作り終えていた。
これは正直驚いた。

ないならないで、ないものとして
ないという立場で考える。
そういう立場にたって初めて見えてくるものって
意外と多いんじゃないかな。
そして、そこで見えたもの、手に入れたものってのは、
いろいろあるという環境になったときでも
とっても役立つんじゃないかな。
そういう意味で
参加者はとってもいい経験ができたんじゃないかな。

まだまだ復興途中の南相馬市にでかけていって
そこを主催地とした。
そこに直接的な、合理的意味づけやはむつかしいけど、
なんか、いまく言えないけど
選んだ、行ったということ自体でOKだったね。
なんかそんな気がした。

PS;
スポンサーにゲーム会社が1つも入っていなかったのが
寂しかった


« Tシャツ | | 仮想不安 »