人間風車

2012/01/16(月)
【1人の仕事、みんなの仕事】

ゼロから1を生み出すのは1人の仕事。
1を2にするのは、みんなの仕事。
ずっと、
ゲーム作りについてはそうあるべきだと思っている。
(ゲーム作りだけに関してじゃないと思うけど)
が、実際は、なかなかそうはいかない。

商品である以上、独善的なモノの作り方はよくない。
ブラッシュアップしてくのに、
たくさんの、いろいろの目によって
間違いや変形を正して、
不足を追加してムダを取り除いていく必要がある。
だから
1を2にするのには、いろいろな人が関わるのが良い。
しかし、
みんなで、ゼロからアイデアを生み出そうとすると、
これはなかなかうまくいかない。
お互いの曖昧な柔い、ちょっと足りない、矛盾もある、
(もちろん長所も特徴もある)
そんな思いを合体したものになるから、
お互いのイメージを共有化しにくい。
シルエットがはっきりしない。
不安定であり、曖昧であり、矛盾を含んでいるので、
ちょっと触るとすぐに崩れてしまう。
特徴同志がぶつかって、お互いが消えてしまうこともある。
なにより、だれもが少しずつ、
自分の100%の思いじゃないという
不満を抱えることになるのが問題だ。
(もっとも、0から1を1人でやったとしても、
1を2にする段階で
必ず経験することになるんだけど)

ホントはもうちょっと1人で育てて、
骨格をしっかりさせて、
他人に揺さぶられても、
いじられても大丈夫なくらいにしてから、
みんなの前に出すのがいいんだけど、
なかなか、そうはいかない、
いろいろな事情があったりするのが悩ましい。
(ま、オリジナルのアイデアに
力がないってことに尽きるんだけどねw)


« あけましておめでとうございます | | プロレスとゲーム、格闘技とソーシャルゲーム »