人間風車

1998/08/26(水)
悪食のサル

常々思っているんですが、フジテレビ、新日本プロレス、
プレイステーションは「悪食」ですよね。

なんでも食べてしまう、吸収してしまう、
超雑食性の生き物な感じがします。

そういえば、我々人間っていうのは、
進化の戦いで負け続きなんですよね。

我々ほ乳類の先祖
(といってもねずみみたいなもんだったらしいですが)
が出現したのは、まだ恐竜が絶好調の時代だったので、
昼間は木陰に身を潜め、真夜中にコソコソ出歩くという、
はなっから「負け」なスタートだったわけです。
で、サルになってからも、
怖い同胞(肉食獣)との生存圏争いに敗れ、
当時昆虫しか住んでいなかった木の上に追いやられました。
食べる対象も、
葉っぱや果実から昆虫までと超雑食性となりました。

さらに、我々の直接的ご先祖さんは、
気候の変動で森林が草原(サバンナ)化して木が少なくなると、
そこでの戦いにも敗れてしまうわけで、
その後水辺の生活に移ったかどうかはしりませんが、
ともかく、2本足というハンディーキャップをおいながら、
怖い同胞達の住む平原に戻ってきて、今日に至るわけですよね。

ネオテニー〔幼性形態)というオマケまでつけて。

ま、そういうわけで我々は、
生存圏をかけた戦いでは「負け」の連続なんです。

負けてもなお、こうして生き延びていられるのは、
食べるだけの意味じゃなくて広義な意味での「悪食」
のおかげだったことは、間違いがないでしょう。

「わしゃこれしか食わん」とか
「これ一本でやってきましたから」
なんて頑固なこといっていないで、
「それもこれもオッケーよ」的な人生のバールテュード
(なんでもあり)でしのいできたに違いありません。


そういうのを「たくましい」と思うか、「下品」と思うかは人それぞれでよいと思うんですが、僕は「下品なかっこよさ」と思っています。

フジテレビ、新日本プロレス、プレイステーションは、
そういう意味で好きです。

で、さらにいえば、それらは全て「テレビ」が
取り込んでしまっているわけです(
もちろん、プロレス会場やゲームセンターもあるのですが)。

そういう意味でテレビもかなり悪食なわけで、
やはり僕はテレビが大好きです。

---------------------------------------------

PS#1:実は新日本よりなにより「リングス」をこよなく愛しています。

PS#2:自民党も悪食と言えるでしょうが、これは好きの例外です。





| 人間風車: 1998年9月 »