人間風車

1999/03/26(金)
猛烈に悲しい

今日は、3月半ばだというのに、
雨が降っていて1月並の気温で寒い。
で、今は午前2時半。
まだ序の口な時間です。
この時間はいつも小腹が減る時間なので、
ふつうは気分転換がてら、
外に食べに出かけたりするのですが、
この雨ではそういう気にもなれない。

仕方がないので、台所を探してい見ると、
神のめぐみか、「昔ながらのソース焼きそば」
(カップ焼きそば)が一個残っていました。
迷うことなくソレを食べることにしました。
しかし、本当は「日清UFO」が好きなんだけど、
贅沢なことをつぶやいたのでバチがあたったのでしょうか。
お湯を入れた後、つい、液体ソースまで入れてしまったんです
(カップ焼きそばは、まず、お湯だけ入れてメンをふやかして、
その後、お湯を捨ててソースを入れなくてはならない)。

なんていいましょうか。些細なことであったり、
誰でも一回はやることことは十分わかっているんですが、
でも、猛烈に悲しいです。

見る見る色を失っていく液体ソースが、
もう食べ物はないという絶望感が、容赦のない空腹が、
この夜更けが、この雨が、この寒さが、
この(残っている)仕事が、この孤独が、
一気に合体して、チョー悲しいです。

まるで宇宙に向かって発信しているかのような、
このインターネットにふさわしい悲しみだとおもいました。

その後、投げやりになって、
それを捨てなかった私は偉かったと思います。
そうだ、カップラーメンだと思えばいいという
発想の転換ができた自分は偉いと思いました。

そして、世の中に、カレーや、トマトやみそ、
塩などいろいろな味のラーメンがあるのに、
ソース味ラーメンがない理由を
しっかりと納得させてもらいました。


1999/03/19(金)
スズメがエサを見つけ、鳩がそれを食べる

これは、自家製格言なんですけどね。
そこいらの公園で見受けられるごくありふれた風景です。

公園に落ちているエサらしきモノは、罠かもしれないし、
毒かもしれないわけです。
それを食べに行くということは、非常にリスキーなわけです。
そのリスクをしょうのはいつもスズメなわけです。

一方、鳩はスズメがそれを食べるのをみてから初めて、
その場に行き、スズメを追い払って食べるので、
リスクはありません。

虎穴に入らなくては虎児を得ないのは、
スズメだけなんですねぇ。
いやはや、やんなっちゃいます。


1999/03/16(火)
相撲がおもしろくない理由

結構相撲は好きなんですが、最近はつまらないですね。
なにがつまらいないって、
いつも優勝候補が決まっているのがつまらない。
先場所は、ちょっと番狂わせ
(というと千代大海に悪いかな)が
あってよかったですが。

いつも優勝候補が決まってしまう理由はとても簡単です。
双子山がでかすぎるためです。
ご存じのように、相撲では、優勝を決める闘い以外では、
同じ部屋の力士同士が戦うことはありません。

小結以上の所属部屋をみてみると、次のようになります。

・横綱:二子山2、東関1

・大関:二子山1、武蔵川1、九重1

・関脇:武蔵川1、佐渡獄1

・小結:二子山1、武蔵川1、玉乃井1、友綱1

------------------------------------------------

・合計:二子山=4、武蔵川=3、ほか=1


たとえば、タカと売り気じゃなくて、
貴闘力(前頭1枚目)は、
自分より上位(上全部)の12人中4人と
闘わなくてすむわけです。


取り組みの関係から簡単には言い切れませんが、
4つくらい助かるわけですから、
そりゃあ、優勝戦線に残りやすくなるわけです。


貴闘力はアレとしても、
若貴も曙よりうんと有利なわけで、
これが、
優勝候補が決まってしまう原因であることはあきらかです。


1999/03/09(火)
バーチャル風俗

風俗のブームが、本○系から、ソフト系に移っているとは、
聞いていましたが、どうも世の中には、
ダッチワイフ(これって禁止用語でしたっけ?)を置いてある、
っていうか、ダッチワイフさんと本○する、
そういう風俗の店があるようです。

これって、売春じゃぁないですよね。
警察的にはどういうジャンルに分類してるんでしょうかね。
きっと、困ってるでしょうね。気になりますねぇ。


1999/03/04(木)
学校の先生

学校の先生って、ほとんどの場合、
実社会で働いた経験がないんですよね。

一方、生徒のほとんどは、将来、
実社会で働くことになるんですよね。

実社会で働いた経験がない者が、
実社会で働く(だろう)者を教育するって、
ちょっとヘンな気もするというのは、
ボクだけでしょうか?




« 人間風車: 1999年2月 | | 人間風車: 1999年4月 »