人間風車

2001/05/30(水)
軽いおなら

注意:びろうな話です!ご注意を。
昨日、おならをしながらふと思った。
もしも、おならが(質量が)軽い気体だったら、
どういうことになっていただろう。
腹にガスがたまるなんて状態になると、
下手をすると体が浮いてしまうことになって
しまうかもしれない。
寝てたりしたら、
下半身が宙に浮き逆さまになってしまうことだろう。
陸上短距離なんかだと、結構、
記録に関係してくるだろう。
「なんでレース前におならをしてしまうんだ!」
とかコーチが怒るんだろうか。
レースにいい食べ物はサツマイモ。
なんてことになるのだろうか。
それよりも、軽いとすぐに上空に飛んでいってしまうから、
「くっさ~~~い」なんてことがなくなるんだろう。
上空に飛ぶとなると、肛門からってーいうよりは、
逆流して口から出るってことになるのだろうか。
ダイエットというか体重を減らすっていう意味で、
おならを貯めるなんて女性もでてきそうだ。
もしも、おならの成分がヘリウムなんかだったら、
誰かのおならでみんな、
かん高い声になって
「いやだぁ、誰?おならしたの?」
なんてキンキンした声が飛び交うことになるんだろう。
オゾンとかだったら、人前でのおならも、
地球にやさしい行為ということになるんだろうなぁ。
水素だったら、燃料にもなるし、
逆にタバコを吸う人なんか爆死とか火傷とか
火事とかの原因にもなるんだろう。
それにしても、おならが燃料として売り物になったら、
さぞラッキーだったろうに。
それから、それから。
おならに色がついていたら、
おなら犯人探しは簡単になるんだろうなぁ。
そのために「終わってしまう恋」
なんてのも多いんだろうな。
ああ、考えるのが馬鹿馬鹿しくなってきた。

ps:
おならの成分がきになったので、
googleで「おなら」and「成分」で検索したら、
簡単にヒット。
せっかくなので、おならの科学情報。
http://www.kampo.mpt.go.jp/
kenkou/info0003.htmlより抜粋

スカンクのように、
おならを武器として使う動物もいますが、
万物の霊長である人間といえども、
生きて食事を摂っているかぎり、
時と場合によっては悲喜劇を生みかねない
生理現象を免れることはできません。
なにしろ、健康な成人で、
1日平均3回はおならをしており、
その量は多いときで3リットルにも及ぶというのですから。

~おならの量は?~

おならは、食べ物とともに飲み込まれた空気や、
大腸内に住みついている腸内細菌の働きで、
腸の内容物が発酵したり、
腐敗したときに生じるガスが混じったもので、
腸管の蠕動運動によって、肛門から排出されます。
おならの量は、
食べ物の内容や消化管での消化液や酵素の分量、
さらにはストレスなどによっても増減しますが、
人の場合、
1回の量は数ミリリットルから150ミリリットルほど。
1日ではおよそ1~1.5リットル、
多い場合には3リットルもの量が排出されます。
さつまいもやごぼうを食べるとおならが多くなる、
と昔からいわれるように、食物繊維を多量に含んだ食べ物は、
おならの量を増やします。
食物繊維は、消化吸収されない成分ですから、
腸内にたまり、それだけ発酵しやすいのです。
実際、さつまいもは同じ量のじゃがいもに比べて、
2~10倍もおならを増やすといわれます。
また、腸の運動が悪くなったときにも、
おならの量が増えます。
これは大便の腸内通過速度が遅くなり、
食べ物のカスが腐敗や発酵をおこしやすくなり、
おならが多くなるという仕組みです。
したがって、便秘のときに多く、
下痢のときには少ないのです。

~おならの成分は?~

おならの成分は400種類にものぼるといわれていますが、
飲み込まれた空気中の窒素が主で、
ざっと60~70%を占めています。
次いで水素が10~20%、炭酸ガスが約10%、
ほかに微量ですが、酸素、メタンガス、アンモニア硫化水素、
スカトール、インドールなどが含まれています。
おならの臭いが食べ物によって違うことは、
だれでも経験ずみのはずです。
肉類や豆類をたくさん食べた後のおならは、
アンモニア硫化水素、スカトールなどが多く、
強烈な臭いを発しますが、
植物性のでんぷんを多く食べた後のおならは、
あまり臭くはありません。

~おなら万歳!というときも~

屁のかっぱ、屁理屈など、屁(おなら)
は取るに足らないもののたとえとして使われますが、
この一発のおならを待ちこがれるときもあります。
おならは、腸の蠕動運動が元の状態に戻ったことを
知らせてくれるシグナルです。
盲腸の手術など、開腹手術をした後は、
おならが出れば「万歳! 順調に回復している」
という証なのです。

~NASAでおならの研究?~

なお、人間のおならにも引火性があり、そのため、
NASAでは宇宙船の中でおならをしたら、
どのような危険があるか、真剣に研究したそうです。
その結果、人間のおならでも、
場合によっては宇宙船の中の電気系統などに
引火する危険があることがわかったとか。
といっても、訓練をつんだ宇宙飛行士といえども
何日間もおならを出さずにはいられないところから、
電気系統など危険そうな部分を完璧にカバーしたとか。
それにしてもNASAがおならの研究まで
していたとは驚きですね。

資料提供:(株)法研


2001/05/24(木)
幼児ポルノは世界的にいけないのだ!

どっか(日本)の幼児ポルノサイトが、
警察につかまった。
このサイトの告発は、
実はデンマーク警察だったとか。
どうやら、
デンマークの誰かが
インターネットでこのサイトを発見、
母国(デンマーク)の警察に告発したのが発端とか。
これは、というか、これこそ、
インターネット的事件ですねぇ。
これからは、こういう国際的圧力に従って、
インターネット界の価値観、
道徳観のバランスがとられてくんでしょうね。

それにしても、日本では、
幼児ポルノには甘いのに、
大人ポルノには厳しいという、
わけわからことになっているのは、
とても問題だと思う。
関係して、ついでに。
週刊アスキーの今週の検索キーワードランキングには、
小泉純一郎、田中真紀子、母の日、ハンセン病、
武富士(順不同)などがランクインしている。
みんな、
時事ネタについてインターネットで調べてるんだ。
検索エンジンっていつの間にか、
普段着の道具となってきたんっすねぇ。

ぼく自身、ADSLとgoogleの組み合わせになってから、
検索大好き人間に変身してしまった。
リンクやキーワードをたどって、
目的のモノを探すことって、
軽いアドベンチャーゲームみたいなもんだから、
その環境さえ快適なら、
おもしろくないわけないんですよね。
逆に言えば、
これは「遊び」になるぞってことだと思ったりもする。


2001/05/22(火)
そうか!

我々は、胎内に異物(非自己)が入ると、
免疫システムが働いて拒否反応を起こす。
なのに、
普段いっぱい非自己を取り入れている胃や腸で
拒否反応が起きないのは何故?
なんて常々、
漠然と不思議に思っていたら、
今日、読んでいた本でふいに解決した。
胃や腸の中は体の外ってことなんですよ!
人間の体はトポロジー的には
ドーナツみたいなモノだから、
胃や腸の「中」は
ドーナッツの穴っていうことになるわけですよ!
体の外だから異物がつこうがどうしようが、
免疫システムには関係ないってーことなんですよ!
となると、
尻に指を突っ込むとかいう行為は、
なんか体の中に入られるってイメージがあるけど、
それは間違いで、
ドーナッツの輪に指を通すのと
同じってーことですな。
だったらいいか、って何が。
女性が男性を受け入れるってーゆー、
そういうことも、
なんだ女性は玄関を開けてないんじゃないか、
部屋の中に入れてくれてないってことじゃないか。
ってことですね。
これは結構大事な仕組みで、
故に、受精卵という「非自己」が、
(着床まで)免疫システムの
攻撃をうけないですむんですね。


2001/05/21(月)
本は楽し

最近、かなり読書に時間を割いている。
ある仕事のためであるんだけど、
逃避という声もある。
それにしても本はおもしろい。
40を過ぎたぼくを未だに、
感心させてくれたり、
感動させてくれたり、
新しい知識や知恵を与えてくれたり、
笑わせてくれたり怖がらせてくれたり、
幸福にも不幸にも不安にもしてくれる。

勉強にも仕事にも遊びにも役立つ。
あらゆるジャンルが網羅されている。
どこでも比較的簡単に手に入り、
値段も手頃で、
しかもモバイル(一部例外アリだけど)。
今日出たソフトも100年前に出たソフトも読める。

そういう意味では、
つくずく大したメディアだと思う。

振り返って、ゲーム。
いい大人が、全精力、全人生、
全人格をもって対座できるソフトってあるだろうか?
昨今の不況でジャンルは狭まるばかり。
昔のゲームを遊ぶにはどうしたらいいのか?
買ったものですら遊べない!
って考えると、
結構いびつというか欠点の多いメディアだなぁと思う。


2001/05/18(金)
足下の小さなヒント

ダーウィンは、家畜やペットや作物が、
交配によって品種改良されていくのを見て、
ひょっとすると人の手が神の手(=自然)でも
同じ事が起こるんじゃないかと気がついて、
進化論を思いついたそう。
ある物理学者は、あるとき、
自然界に存在する原子の種類や数を調べていたら、
原子数(陽子の数)が偶数である原子の方が、
奇数の原子よりも自然界に圧倒的に数が多いことから、
これは原子同士がくっついたりするからに違いない
(偶数+偶数=偶数、
奇数+奇数=偶数になるから)と考え、
核融合という現象を思いついたそう。
またまたある生物学者は、
DNA塩基のアデニンとチミンの数が
だいたい同じであり、
シトシンとグアニンの数がだいたい同じなことから、
アデニンとチミンが、
シトシンとグアニンが
相補的に結合することに気がついたという。
有名な話だけど、大陸移動説も、
世界地図を見ながら、
アメリカの西側とアフリカの東側の形が
ピッタリくっつくのに気がついたのがきっかけだそう。
偉大な発見の多くが、
小学生でもわかりそうな、
簡単な観察をヒントに見つかっているってーのは、
おもしろいというかタメになるというか、
スゴイというか。
天才って、なんだか、
我々には手の届かない遠い世界から、
すばらしいアイデアを
拾ってこられる人みたいなイメージがあるけど、
実は、
そういう足下の小さなヒントを
見つけられるかどうかってことなんでしょーね。


2001/05/17(木)
マイ定番

なんか年を取るとともに、
もうこれでいいやっていう
定番アイテムが増えてきてうれしい。
そういうところは、
なんかとても安定志向の私。
今のところの定番は、以下の通り。
メモもラフも下書きも本番も、紙はコピー紙。
筆記具はあのふっといシャープペン(名前しらない)
にパイロットのENOの4Bの芯、
消しゴムはトンボのMONO。
醤油は、キッコーマンの丸大豆醤油、
塩は赤穂の天塩、
ごま油は太白の白、
ミソはマルコメの京懐石、
ご飯は佐藤のご飯、
ライスペーパーはイーグル印。
フライパンはSEBのテフロン27cm、
洗剤はジョイ。
ファミレスはジョナサン。
ハンバーガーは、
フレッシュネスバーガーのベーコンオムレツバーガー。
牛丼なら吉野屋、
カフェ飯はデザートカンパニー、
創作料理はカルマ。
ベトナム料理はミュン、
カンボジア料理はアンコールワット、
醤油ラーメンはかずや、
そばは本村庵。
ヨーグルトは、森永のアロエヨーグルト、
食パンは山崎の超芳醇、
缶コーヒーはキリンのファイヤーの銀、
水はヴォルビック。
歯ブラシはライオンのデンターシステム(ソフト毛)、
ボディーソープは資生堂の海の恵みボディーソープ、
寝癖直しは資生堂の肌水。
パンツは、ドッカーズのクラシックNo5、
インナーのシャツはHanesのヘビーウエイト。
風呂本は週刊アスキーとダイムと格闘技通信、サライ。
バス釣り情報は、Baser、
マックの情報はMacPower、
料理本なら長尾智子さんの。
マンガは、イニシャルD、バキ、あずみ、
バカボンド、高校鉄拳伝タフ、軍鶏。
ビタミンBは、チョコラBB。
メラトニンはクオリティーヘルス。
レコードを買うのはバージン、
本はブック1(立ち読みは紀伊国屋)。


2001/05/11(金)
地球が遅くなる

今、一年にだいたい2万トンの隕石が
地球にふりそそいでいるそうです。
仮に、そのうち半分の1万トンが
水蒸気や熱となって地球外にもどっていったとしても、
1年1万トンも宇宙からブツが運び込まれる。
つまり、
1年1万トンも地球が重くなっていることになるわけです。
地球ができて、だいたい46億年だから、
今までに地球に降り注いだ隕石の総量は、
46億年×1万トン=460兆トンということになる。
一方、地球の重さは、
だいたい約6000000000兆トンですから、
4702222222億年後には、
倍の体重になってしまう計算になる!
なんて、無意味な心配をしたりして。
ついでに。
こうして地球が重くなることとは関係なく、
地球の自転速度はわずかずつ遅くなって、
だんだん長くなっています。
原因は月との引力です。
延びている時間は100年につき
1/1000秒ずつくらいですから、
46億年前、地球が生まれた頃は、
1日の長さは5時間くらいだっただろうと
推測されています。
この調子でスピードが落ちていくと、
500億年後くらいには、
だいたい1日は、1128時間くらいになり、
今の1日の47日分にまで延びてしまうそうです。
一方、1年がだいたい(現在の)
365日であることは変わりないので、
そうなると500億年後には、
1年は1週間くらいになってしまうことになります。
そうなると、日曜日が正月、水曜日がお盆、
土曜日がクリスマスってことになるし、
毎日衣替えってことになるし、
1日の徹夜で、
1128時間も眠らないことになってしまう!
心配してもそのころには生きていない、
というかたぶんこの宇宙がないので、
どうでもいいけど、
ついついこういうことに電卓を叩いてしまうのでした。


2001/05/09(水)
一人インド化計画

アメリカのIT関連の仕事で、
インド人が活躍しているのは有名な話ですが、
ずっと、
アメリカに住んでいるインド人の
活躍とばかり思っていたら、
インドにいるインド人がインターネットを介して、
アメリカにいるアメリカ人と仕事をしているようです。
インド人が、
IT関連の仕事で活躍している理由として、
英語が話せる、人件費が安い、
数理系に強い
(なんたって0を発見した人の末裔ですからね)
っていうことがよく取り上げられるけど、
この間テレビで言っていた話にはポンと膝をたたいた。
インドとアメリカはほぼ半日の時差があるので、
アメリカで仕事の依頼書をまとめて
帰宅時にメールで送ると、
インドでは朝一に仕事の依頼書がくることになる。
仮に、1日でプログラミングできる仕事だとすると、
できあがった仕事をネットにあげて帰宅すると、
今度はアメリカで、
明くる日の朝一に仕事が上がってくることになる。
単純な計算で言うと、
依頼と仕事をアメリカで行うとすると、
計2日かかることになるのに対して、
アメリカ出依頼、
インドで仕事をすると1日でできてしまうことになる。
これに、インドの人件費の安さを掛け合わせると、
それは、おいしい話ですよね。
てな話を聞いて、だとすると、
いつも日付が変わる頃からモゾモゾと仕事をはじめる、
ぼくのこの「一人インド化計画」
ともいえるライフスタイルも、
意外いいことなのかもしれないと思った。
残念ながら、
アメリカ-インド間のような作業の効率化は、
まだ実現されていないけど。


2001/05/08(火)
性格

ぼくは、ほとんどの場合、
1つのことを2時間以上続けてできない。
あきてしまうのだ。
でも、大概の場合、
そんなことでは許されないし、
仕事が1つっていう状態もほとんどないので、
そんな場合は、別の仕事をすることにしている。
集中力という言葉があるなら、
ぼくには分散力があるということになるのかもしれない、
と自分を納得させることにしている。
仕事に限らず、
読書もだいたい4,5冊同時に読み進めるし、
テレビを見ながら本を読みながらご飯を食べる。
トイレでもたいがい本を読んでいる
(余談だけど、昔、
めんどくさいからウンチとおしっこを
同時にできないものかと試したことがあるけど、
これはできない。人間の生理システムって不思議)。
そんな自分の性格を書きだしてみると、
あきっぽい、浮気性(仕事に関して!)、
せっかちということになる。
どれもこれも社会的には、
やばい性格だけど、
ことぼくらの仕事に関して言うと、
そう悪いパーソナリティーとはいえない。
というのも、
身近のいい仕事をしている同業者の人を見てみると、
だいたいこういう性格なのだ。
あきっぽい=マンネリ化しない、
浮気性=好奇心が旺盛で、チャレンジ精神がある、
せっかち=作業の効率化に努力する、
といえるかもしれない。
ちょっと無理がある?
そういえば、
いい格闘家もだいたい、
自己顕示欲が強い、
身勝手、直情的、
負けず嫌いという
非社会的性格の人の方が強かったりする。


2001/05/01(火)
ナイトワークス

GWは仕事ですか?って聞かれることが多い。
「はい、ずっと仕事してますよ」と言うと、
みんなとても気の毒そうにする。
んなことでちょっと思ったんですが、
自分にとっての「仕事」の定義って、
ちょっと一般的じゃないかもしれない。
まずは楽しい。
こういう人は多いとも思います。
だから、GW中ずっと仕事っていっても、
ぜんぜん苦じゃない。
というどころか、貧乏性というかなんというか、
どっかに旅行に行くときでも仕事道具
(といっても、紙と鉛筆、
よくてノートブックだけだけど)
を持っていくくらいですから。
とくにすることがないときは仕事をしているので、
ちょっと昔なら「仕事中毒」とか
「仕事獣」とか呼ばれてた人種です。
もうひとつは、
お金にならない仕事っていうのもあるということ。
これには2つの場合があって、
はなっから「ギャラ出ないけど、、、」
って頼まれる場合と、
さらに頼まれもしないもの、
発注がないのに作っているという場合があります。
これも「仕事」って定義しているため、
仕事ばっかりの生活ということになります。
お金ももらえないのにするのは、趣味なのでは。
という指摘もありますが、他の趣味、
釣りとか陶芸とか散歩とか料理とかとは
やっぱり全然違うんですよね。
どちらかというと、
芸術家の人が自分のために作品を作っている
感じに近いんだと思います。
てなことで、ともかく、なんか用がない限り、
いつでも「仕事していますよ」
ってことになってしまうんです。
でも、誰に迷惑かけるわけでもないし、
楽しいんだから、いいんですよね。

そんでもってふと、
利根川博士だったかが言っている
「ナイト・サイエンス」
って言う言葉を思い出しました。
昼間に、学校で習うような、
正しい規律がある、
まじめな科学を「デイ・サイエンス」
というのに対して、
「そういうこともあるかもね」
「こんなんかも知れないね」
なんていう夢と想像と遊びと、
時に不謹慎な科学を「ナイト・サイエンス」
と呼ぶようです。
で、圧倒的に「ナイト・サイエンス」
のほうが楽しいし、
大きな発見のヒントの多くは
「ナイト・サイエンス」から生まれるそうです。
てなことを考えると、
ぼくが言っている仕事っていうのも
「ナイト・ワークス」とでも
言った方がいいのかもしれません。
仕様書を書いたり、データ整理したり、
調べモノをしたり、スケジュールの遅れを謝ったり、
そんなおもしろくない「デイ・ワークス」
もちゃんとあるわけですから。




« 人間風車: 2001年4月 | | 人間風車: 2001年6月 »