人間風車

2004/01/30(金)
ノートブック片手

最近、powerbookを立ち上げながら、
テレビを見ることが多い。
新聞もテレビ番組雑誌もとってないので、
ヤフーTVで今やっている番組を調べる。
番組内でおいしそうな食べ物や
よさそうな店や温泉が紹介されると、
すぐgoogleして詳しい内容や場所や料金を調べる。
アイテムについては、
楽天で通販で買えるかどうかも調べる。
ムームーで打ち合わせしたことのある人は、
大成堂の「いかせんべい」を食べたことがあると思うけど、
これも「おしゃれ関係」で森久美子が紹介した
瞬間に注文したアイテムである。

こういうアイテムは、
瞬間に売り切れしてしまうことが多いので、
すばやい反応が大切だ。
のほほんとテレビを見ている場合ではない。
ということで、
今やノートブック片手でしか
テレビが見れない体になってしまっている。
こうなると、
テレビから紹介しているアイテムや店のURL情報などを
直接パソコンに飛ばしてくれる装置がほしいもんだ。
っていうか、
テレビがコンピュータと
ネット装置を内蔵すればいいのか。

いつも、チケットぴあ@ネットで
格闘技のチケットを買うんだけど、
"ご購入の際、電子チケットサービス利用料として、
チケット1枚あたり210円(税込み)がかかります。"
というのがどーしてもげせん。
人件費かかっていない分、逆だろう。
さらに、電子チケットサービスを利用して、
チケットをファミリーマートで
受け取れるサービスがあるんだけど、
ここでも、
"一枚あたり100円(税込)の発券手数料がかかります。"
とくる。
1枚アタリ(1回の注文ではない!)
310円も余分にかかるのだ。
なんだかなぁ、間違っている気がする。
だいたい、ネット上で買えるのに
席を指定できないなんてのもおかしい。
検索機能もダメだし。
その昔「はみだし(コラム)」
ではお世話になったぴあだけど、
ダメダメだぁ。
少しはamazonとか見習って欲しい。


2004/01/28(水)
ニュースネタ

連敗中の奇跡の馬「ハルウララ」に、
あの武豊騎手がのることになったらしい。
見に行きたいなぁ。
高知はちょっと遠いけど、どうせ今年から、
四国八十八カ所巡りを始めようとおもっていたので、
ちょうどいいかもしれない。
本場の讃岐うどんも食べたいし。
(と、まるで四国の地理をわかっていない、おれ)

夜「ポカスカジャン」のシークレット?
ライブがあったので行ってきた。
彼らは、ワハハ所属だけあって、
テレビではできないネタがたくさんあるのだ。
そういうネタはこういうライブでしか見られない。
そう思うとテレビ(の規制)ってのは、
損をしてることだとよくわかる。
ま、パンツからバナナをだして、
客に剥かせて喰わせるなんてネタを
見られないのが損と思うかどうかは、
意見の分かれるところだろうけど。
ちなみに、
股間から生えるバナナを食べさせられました、あたし。
(はっきり、あっちの気がないのが自覚できた)
20040128.jpg


中国 で動物園で飼育動物を試食。
広西チワン族自治区の動物園が飼育している
クジャクとラクダを料理して入園者にふるまっていたらしい。
笑っちゃーいけないんだろうけど、さすが中国。
家畜もペットも野生動物も一様に「食べ物」として
平等に扱う中国人はある意味正しい?のかもしれない。
少なくとも家畜と他の動物を分けて考えるという
西洋人の考え方の方がいびつな感じがする。
ただ、何も食べなくったって、
他のサービスはあったろうにという意見がもちろん正しい。
またこの際、
(日本の)動物園で「たべっこ動物」を売っているのも、
どんなものかと疑問をぶつけてほしい。


2004/01/27(火)
もろもろ

ゲーム周辺機器メーカーで有名な某社に行ってきた。
ゲーム(遊び)に必要なハードの開発というベクトルではなく、
ハードから発想されるゲーム(遊び)の開発はないものか、
というアタリの話をしてきた。
基本的には、
こうした逆ベクトルの考え方は間違っていると思うけど、
受け身の姿勢(受注産業)
ではダメだってあたりで共感できたのと、
ヘンな(といっちゃー失礼だけど)コントローラーとかが
ゴロゴロしていているのを見ると、
なんかすっげー楽しそうで、つい食指が動いてしまう。
ただ、ぼくは包丁とかグローブとかバットとか、
既存のアイテムの形をしたコントローラーを作って、、、
という方向には全く興味がなくって、
ぐにゅうっとしているとか、暖かいとか、
座りが悪いとか、小さいとか、匂うとか、
そういう体感性が、、、
という方向にしか興味がいきそうにないので、
そのあたりがうまくまとまっていくかどうか、
という問題がある。
それにしても、
ハードの開発の方が、
時間的にもコスト的にもソフト開発より安いというのは、
驚いたというか、やはり何か間違ってきのだと思う。

googleは、そのページが他のページから
どれくらい参照されているかをもとに、
そのページの重要度を測るらしいけど、
「へぇクリック」機能を各サイトに提供して、
そのクリック数を重要度の参考にするとかすると
おもしろいのでは、と思うのだが。
というか、
googleとamazonを巻き込んで、
リアルなアイテムと情報を利用したゲームが作れたら
おもしろそうだなと思った。
ネット空間を使ったチェイスもの、
鬼ごっこ、かくれんぼみたいな無邪気なのがいいかな。
googleとamazonから得られる情報をヒントに使った、
推理もの(アドベンチャーというのか)も面白いかも知れない。
また、
ゲーム中で手に入るアイテムは全て市販されているもので、
ほしくなったら、
すぐamazonにいってワンクリックできるという寸法だ。
(なにが寸法だ、だが)


2004/01/26(月)
細かいネタ

なか卯は、吉野屋以上にピンチのようだ。
ウイルスはタマゴにも感染とかになったら、
なか卯はつぶれてしまうな。
それにしても「松屋」が静かなのが不思議だ。

火星探査機ローバーが故障した。
ローバーの任務は火星に水の痕跡を見つけること。
つまり過去に火星に生命が存在した可能性を探ることだ。
今回はもっとも可能性の高いポイントに不時着できて、
岩の採取をはじめたとたんにこれだ。
これは「(新たな生命が生まれる)火星に近寄るな」
という神の意志かも!
と考えてしまうのは、
「2001年宇宙の旅」の影響受け過ぎか。

ある夫婦の日記
よくいくブロッグで紹介されていたサイト。
いやあ、ほのぼのとしてて愛に満ちてて良いのだけど、
これからずっとこの夫婦の「生活」に、
気を遣ってしまいそうな自分がイヤだ(笑)。

人間の最大の大罪は、
ひょっとすると環境の破壊とかじゃなくって、
ウイルスの進化をはやめたしまったことかもしれない。
ジャングルの開発で眠っていたウイルスを呼び起こし、
多種の家畜を高密度で飼うことでウイルスの
「平行移動」を高め、
交通手段の発達で、
宿主が死ぬ前に世界中に伝播できるようにした。
また、各家庭や病院では、
殺菌、除菌、抗菌という形でウイルスを鍛えてしまった。
ひょっとするとオゾン層の破壊によって強まった紫外線も、
遺伝子の変質に一役買っているのかも知れない。
きっと、ウイルスの進化(突然変異)は、
かつて見られないような速度と多様性をもって
進んでいるんだろう。
案外、オゾン層の破壊や温暖化や人口爆発や水不足の前に、
凶悪なウイルスで絶滅してしまうのかもしれない。


2004/01/22(木)
もろもろ

日本と韓国で数万羽のニワトリが埋められたけど、
あれって焼却しなくて大丈夫なのかな。
っていうか、
なんかヒヨコを生き埋めにしているのを見ると、
せめて、
ちゃんと安楽死してから埋めてやって欲しいと思うなあ。
もし、我々の時代の記録が残らなかったとしたら、
未来の考古学者は、
地中から出てくる数万羽のニワトリの骨を、
きっとなにかの
宗教的儀式に違いないとか解釈するんだろうな。

かわいそうに、カナダの高校生マイク・ロー君は、
MikeRoweSoft.comというドメインを取得したところ、
マイクロソフトから強烈なクレームをつけられって事件があった。
(今日のニュースではマイクロソフトも態度を軟化させたもよう)
ぼくも、
今まで苦労して作ってきたソフトのためにとかいって、
MyKurouSoft.comとかドメインをとってみようかな。
クレームに来てくれるかな。

最近読んだ本についてでも書こうかな。
動物と人間の世界認識
日高敏隆さんってのはホントお世話になった人で、
ちょっと前はこの人が訳してさえいれば
(買いの)失敗はないとさえいえたんだけど、
なんかここんところはダメだなぁ。
ダメっていうか薄いっていうか、ちょっと物足りない感じ。
ちなみにうちのバカネコは、
僕の書いたネコの絵に少しも反応しなかった。
乱交の生物学
おもしろい本です。
考えさえられるというか身につまされるというか。
ただし、
人間の愛や性衝動もこうした生物界のルールが
基底になっているという発言は、
おおよそ女性に評判が悪いです。
歴史の方程式
自然や人間のランダムで有機的な有様や振る舞いっていうのは、
科学じゃ解明できない、数式で描ききれない。
なんて簡単に言ってしまう前に読んで欲しい本。
(とくにゲーム制作関係者は)
この本ではなんとかそういった現象の原理みたいなものを
数理的に描こうとしている。
地中生命の驚異
やっとでたって感じの本。
極限環境に住む生命達については前から興味があったんだけど、
なかなかそれらについて書かれた本がでなかったんで、
ボク的には待望の一冊だった。
もう少し生物的な機能の特徴とかについて
細かく書いて欲しかったんだけど、
こんなところ(地中奥深くの岩の中とか)に
住んでるヤツいるんだと知るだけでも楽しい。
UWFインターの真実

高田ひきいるUWFインターの社長が書いた手記。
当然、当時のUWFインターの実体をシビアに解析というよりは、
青春ロマンとして書かれているので、
ちょっと手前味噌だなぁと思うところもあるけど、
UWF系ファン(ぼく)には面白い一冊だった。
ついでなので『泣き虫』も1クリックした。


2004/01/21(水)
レス

やったー、佐々木買って買って>ナベツネ
とか言っちゃうから巨人ファンは嫌われるのだ。(笑)

指摘メールをもらいましたので訂正します。
「カテキン」は「勝て菌」から命名っていうのは
ガセネタだったみたいです。
もっと以前にニース・バン・エーゼンベックっていう
学者によって命名されたようです。
(効果当社比35%増)

ついでに。
他にいただいたメールで、
物流のせいばかりにせんで、
ムームーがもっとしっかり告知しなくっちゃ。
という励ましメールをもらったんですけど、
まさにそこらあたりが悩ましいところなんっすよねぇ。
ゲーム制作では、制作者とパブリッシャーの間で
かなり厳しい契約が結ばれています。
特に秘密保持と著作権利の問題については、
厳密な規定があるので、
発売前はもちろん、発売後の告知や情報公開についても
かなり神経を使うし、制限もあるし、
常にパブリッシャーと協調していかないといけないわけで、
ムームーが独自に広告を出したり、
プレゼントを出したり、
全国行脚をしたりとか、
はできないのが現状です。
あの程度(『くまうた』ページ)
でもかなり限界というか異例なわけで、
ちょっと踏み外すと、
某日記のようにある日突如消えたりするわけです。
かといって、公式の告知だけでは満足できない。
ってあたりが、
「(パブリッシャーとの)
関係のなかで起こりうる不本意なこと」
なわけです。
ただ、もう少しマジメに考えれば、
ちゃんと契約にのっとった形でも、
パブリッシャーの力を借りなくても、
届いて欲しい人に対して情報を届ける方法は
あるはずだとは思っているわけです。
というか、
そういう自衛策を考えていかないと
ヤバイぞという自覚はあるわけです。
ほぼ日』のように、
ムームーサイトを
「祭りの場」にするっていうのも一手だろうけど、
ちょっと違う。いやだいぶ違う。っていうか無理。
制作者の誰かが有名人になる(犯罪者でもいいくらい(笑))
というのもありかもしれないし(ぼくはイヤだけど)、
シロクマを動物園から逃亡させる手もあったかもしれない、
わけはないが、
ともかく、
現状いいアイデアをおもいついてない。
ま、そーゆーことです。


2004/01/19(月)
自立

18日のほぼ日
"
フリーランスで生きていくというのは、
どれだけ先生と呼ばれようが大事にされようが、
「下請け」仕事を続けていくということだ。
その関係のなかで起こりうる不本意なことどもから、
どれだけ自由になれるか、というのは、
とんでもなく大事なことなのだと思う。
"
とある。
まったくね、その通りです、はい。
つくづくそう思います。
きっとあらゆる分野のクリエイターは、
ある年を迎えると必然的にこの問題に直面し、
悩むことだろう。
もちろん我々も例外でないというか、
ど真ん中なわけであって、
どんなに新しくおもしろいゲームをつくっても、
そしてそれが関係業界からほめてもらっても、
届いて欲しい相手に情報もモノ自体も届かない。
このもどかしさが、
われわれの目下の所最大の「不本意」だ。
ついでにいえば、
新機軸のおもしろいゲームを作れば
売れるという夢が持ちにくいのは、
我々だけでなく、ゲーム業界全体にとって不幸なことだ。

ホントはあしたのmtgの宿題を考えるより、
このことを真剣に考えるべきなのだろうが、
全然いいアイデアが浮かんでこない。
ゲームの場合、
現状のシステムの中でパブリッシャーになることを
夢見るのはあまり合理的な考えといえない。
物流というシステムを考えただけで破綻してしまう。
野菜や椅子が物流の問題を抱えるのはまだ意味がわかるが、
そもそも物質でないゲームが物流の問題で
頓挫してしまうというのはなんとも釈然としない。
そういう論理からすると?ネットワークゲームということになる。
が、いっこうにネットワークゲームが
成功しているという話を聞かない。
この原因をネットワークゲーム人口の小ささに見る意見は多く、
そうなると、
中国が「黄金の島」に見えてくる。
んが、これまた玉虫色の論理であって、
中国人がゲームを遊ぶだけ(自ら作らない)
ことを前提としているところがヤバイ。
また、ネットワークゲームは売り切りゴメンとはいかないので、
加入者の増加がそのまま維持費の増加にも連動している、
つまり極端な勝ち組にはなりにくい
ビジネス構造になっている点も見逃されている。
(娯楽産業の場合、ある程度の負けの発生は、
勘定のうちに入れておかないといけないので、
そうであって且つ勝ち組になるには、
極端な勝ちが生まれるチャンスの可能性が不可欠だ)
ただ従来のようなネットワークゲーム
じゃないスタイルが見いだされれば、
たしかにそこには黄金が眠っているのかもしれない。
ただ、それは「ゲーム」じゃない予感もするけど。

とまあ、そういうしょーもないレベルで
詰んでしまうくらいのことしか思いつかない。
よく
「ムームーではプログラマーはいらないんですか?」
とか聞かれるが、
それよりも先に、
こういうことを一緒に考えてくれる
プロデューサーが必要なんだろうな。


2004/01/16(金)
もろもろ

テレビ公開番組でよくピーとか入れているけど、
あれって観客がいる以上、
観客には何を言っていたかわかってるわけだよね。
その観客のうちいくらかが2チャンネラーだったら、
ピーがなんだったかわかるはずとか思ったけど、
ひょっとして、世の中はとっくの昔にそうなっているのかしらん。
たまあに、お金を払ってでも知りたいピーがあるんだけど。

知らなかった。
「カテキン」ってラテン語か
ドイツ語かなんかだと思っていたら、
日本人(昭和大学医学部教授・島村忠勝)の命名だった。
菌に勝つ!勝て菌に!というわけで
「カテキン」になったということらしい。
35%くらい薬効が減った気がする(当者比)。

ちょっと今は風邪を引いちゃいけないタイミングなので、
かなり気を付けていたのに風邪を引いてしまった。
ここんところは、
いつもより早く寝てるくらいだし、
睡眠時間も十分に取っているし、
ちゃんと食べてるし、
むちゃなこともしてないし、
湯冷めしたわけでもないし、
風邪をひくような「自責事項」は何一つなく、
単に、強い寒波が来たってーことだけで
風邪を引いてしまったのがショックだ。
自然に負けた、、、。
こりゃあ、将来、病気で逝く前に異常気象で死ぬな>おれ。
(メモ)
レモンのジャムとローズヒップをお湯で割って飲む。
けっこういけるし、風邪によさそう。



2004/01/15(木)
ギャル文字

昨日の「人間風車をギャル文字
にするとこうなるらしい。
//
吉野屋L=行っτUまっナ=★
普段ぁまレ」行カゝナょぃωナ=〃(ナ├〃、
ナょ<ナょゐナょ<ナょゐ├世間カゝ
〃騒<〃カゝら⊃ぃ行っτUまっナ=★
ξれL=Uτも、不思議ナ=〃★
//
ヒマだなぁ、ギャルは。
でも、けっこう面白いと思った。
「ら」とか「ま」なんかも
何かしら良いのを見つけて欲しいものだ。

ついに「なか卯」も牛丼をやめてしまうらしい。
「大変なことになった!俺の朝飯はどうすればいいんだ!」
とうちのNが騒いでいる。
ニワトリはニワトリでインフルエンザだし、
こうなると、ブタは大忙しというか大迷惑だろうな。
(そういやあ鯉はどーなったんだろう)
なんだか、今は偶然重なっただけに見えるけど、
バックグラウンドでは、
なにか世界規模でやばいことが怒り出しているのかもね。
人間は天敵がいないとかよく言われるけど、
細菌やウイルスがそれなんだろう。

薬用入浴剤はいい感じだ。
だいぶお肌の調子も
良くなってきた感じがする(今日で5日目)。
湯船につかってぼーっと本を読んでいるだけで、
肌荒れを直してくれるんだからありがたい。
こうなると、入浴剤にはもう一踏ん張りしてもらいたい。
香りやオイル成分で、心身の疲れをとってほしい、
体もきれいにしてほしいし、
ビタミンやカルシウムや
吸収できるとかしてくれるとありがたい。
(食物繊維とかもって、どうやって)
脱毛や育毛効果や美白効果もあるといいし、
バスタブの掃除にもなり、
下水の浄化に役立ってくれるのもいいかもしれない。
筋肉繊維を刺激する薬物を入れて、
筋肉が強化されるというのはできないものかな。
筋肉をけいれんさせ
大量にカロリーを消費してダイエットになるとか、
石灰成分をいれて発熱させて湯が冷めないとか、
発酵を促し、残り湯を液肥として使えるようにするとか、
そういう複合入浴剤を誰か考えて欲しいもんだ。


2004/01/14(水)
吉野屋

吉野屋に行ってしまった。
普段あまり行かないんだけど、
なくなるなくなると世間が騒ぐからつい行ってしまった。
それにしても、不思議だ。
吉野屋から牛丼がなくなるかもしれないのは、
オーストラリア産の牛肉では、
あの味が再現できないからというのが理由らしいけど、
アメリカ産の牛肉とオーストラリア産の牛肉って、
そんなに味が違うだろうか?
少なくともぼくには区別が付かない。
しゃぶしゃぶのような料理ならいざ知らず、
ああいう濃い味付けだし、
さらに、つゆだくとかにしてしまえば、
どこの牛かというより、
牛かブタかくらいのレベルの話になるだろう。
牧草で育っているオーストラリア産の方がヘルシーだと言えるし、
オーストラリア産ビーフじゃあ吉野屋じゃないっていう話なら、
鳥丼やカレー丼の方がよっぽど吉野屋じゃないのでは、
っていう気がするんだけど。

肌がかさかさしてきたので、
「薬用入浴剤がいる!」とひらめいた。
やった、買うものができた!
買わざるを得ないものができた!
有名ブランドの市販品であるため、
1)品質や効能があらかじめわかっているので
  ネット通販でも失敗しない
2)安売りしている場合もあるので、
  ネットで一番安いところを探す意義がある
3)重いので、宅配の意義がある
と久々にネットで買うべき正当性が認められたアイテムである。
やはり大義名分があってのネットショップは、
気持ちが軽くてよろしい。
ということで、注文したのは、これ。
薬用ソフレ入浴液ハーブの香り、ソフレフローラルの香り、
メンソレータムAD入浴液 森林の香り、メンソレータムAD入浴液 
フローラの香り、フェルゼア薬用DX
メンソレータムの米ぬかエキス入りが好きなのだった。

なんかのCMでうぐいすかホトトギスかで
殿様とお姫様が言い争っていたが、
そういやあ、うぐいすかホトトギスって見分けがつかないや。
っていうか、実はなんであのCMで
なんで「オージンジオージンジ」と
嘆いているのかもわかってなかったりして。
てことで、
写真左がうぐいす、写真右がホトトギスです、らしいです。
(明日にはまた忘れてるだろうな)
ほととぎすとうぐいすの逸話

20040114_1.jpg20040414_2.jpg


2004/01/13(火)
もろもろ

政治家や役人の先送り主義が非難されるが、
そういう態度を直すより、むしろ、
孫の世代くらいまでしか先送りできないのが問題なのだ。
環境破壊や人口爆発、
食糧危機、治安悪化などなどすべての問題を
地球が滅ぶ日まで先送りできる知恵と技術を
磨くべきだと思ったりした。
短所を直すより、
短所を伸ばして長所にしてしまえばいいのだ。

「ひとごみ」という言い方ってどうよと思っていた。
人をゴミ扱いするとは何事だ!と思っていたら
「人混み」なのだとATOKに教えてもらって
(変換されて)ビックリした。
40年以上ずっと「人ゴミ」だと思っていた。
っていうか、
いままで「ひとごみ」で変換したことが
なかったという事実の方が恐ろしい。

ぼんやりテレビを見てたら、パロロとかいう島?へ
日本から28時間かけて
やってきたとか言っていたのを聞いて、
おやっと思った。
そういえばヨーロッパやブラジルあたりでも
とんでもない時間がかかるんだっけ。
地球の自転が1時間24時間だから、
上空(衛星軌道上)でただ静止していたら、
24時間で地球一周できてしまうわけだから、
最も遠いところへは12時間でいける計算になる気がするけど、
(実際には気流とか飛行場の位置とか飛んではいけない
エリアがあって少しはロスがあるだろうけど)
どーして28時間もかかるんだろうか。
不思議だ。
(眠いときにはあまり考えたくない話題だった)

知り合いが10万円入った財布を拾ったらしい。
さんざん悩んだあげく交番に届けたんだけど、
それ以来連絡がないらしい。
つまり、落とし主は見つかったけど、
お礼をしにこなかったということだ。
落とし物を拾っても届けなければ、たぶん罪になるんだろう。
落とし物を拾ってもらったら、
しかるべきお礼をするのも義務のはずだ。
けしからん話だっていうか、
お礼しないって罪にはならないのだろうか。
こんな些細なネタ「行列の出きる法律相談所」
じゃやってくれないだろうなぁ。
前もって、落とし物を届けた時点で、
1割「源泉徴収」しとくというのはどうだろうか。


2004/01/09(金)
正月休みの宿題

こーゆーのを見るとね
「これで十分楽しいじゃん」と思うわけです。
高い金だしてゲームやらなくってもねって。
というかサイトでフラッシュ使うなら、
これくらいやれよと思うわけです。


「正月休み中に考えておきますよ」と
そこら中で軽口を叩いていたために、
今週はその宿題をやるのにテンテコ舞い。
おまけに、
正月明けの第一週は「一発目の打ち合わせ」が多いので、
大変、大変。
久しぶりにPCのモニターを
長時間見続ける生活にもどったんだけど、
(といっても1週間ブリ)
目が疲れるわぁ。
正月の間もずっとテレビは見ていたんだけど、
今日日PC用のモニターは、
テレビモニターと比較にならないくらい、
目に厳しいのだと、改めて実感。
目のけいれんを押さえながら仕事をしているおれって、
鼻骨骨折をしながら高山に勝った中邑みたいで
ちょっとイイかもとか思っている場合ではない。
早く、「疲れ慣れ」しなければ。
 ●
12月の電気代が11月+1万円だった!
だれが犯人だぁ!
まっさきに怪しいと思ったのは、
1時間9円のスエーデンからやってきた
遠赤外線パネルヒーターである。
それ以外にとくに12月に
たくさん使った電化製品が見あたらない。

1時間9円なのでいい気になって、
うちのバカネコ用にずっとつけてあったのでした。
ただ、1時間9円なら、1ヶ月最大
1日24時間×9円×31日=6696円。
となるはずだが、、、
ずっとつけてあったといっても、12時間程度だろうから、
3000~4000円程度のはずである。
ということで、ホントは1時間15円くらいしてるんちゃう?
と疑いだした今日この頃です。

そういやあ、
家電には消費電力(電気代)が
明示されていることが多いけど、
あれって確認のしようがないので、
桁違いとかはできないにしても、
ある程度ならいい加減なこと書けることになる。
どーにかして、ADSLの通信速度を測るみたいに、
各家電の消費電力量を測ることはできないものか。
各家電のコンセントに
家の外にある電気メーターみたいなのがつくとか、
そういうのがほしい。

ということで、
バカネコには当面、寒い思いをしてもらうことにした。


2004/01/07(水)
メール整理

年も明けたことだし、
なんとなくメーラーが重い気がしたので、
2003年のメールを外部に保存してメーラーから削除した。
それにしても、いつの間に、
1年間に1万通以上のメールが届くようになってしまったんだろう。
不思議だ。
これが手紙やはがきだったらすっごいかさになるはずだ。
(圧縮したデータでさえ、CD2枚分あった!)
1/5は楽天やその他のスパムメールだけど、
ぼくのところだけでも千通以上きているのだから、
(何も考えないで、
行く先々でメール配信をOKしまうのがいけないのか)
こういう広告メールって、
インターネットのかなりの「重荷」に
なっていないのだろうかと心配してしまう。
 ●
地図である。地図。
いつものように「絵」だけははっきり浮かんでくるんだけど、
これは一体どういうゲームなんだろうか、
今ひとつ見えてこない。
でも、地図なんだよねぇ、地図だけのゲーム。
上空から地図を眺めている神の視点のプレイヤー、、、
よくわかんないけど、
よくわかんないうちから、
「これだ!これやりたい!」
と久々に感じるイメージなのだが、、、。
 ●
それで思い出した。
今年はめずらしく初夢を覚えている。
どういうわけか、
ぼくはイトーヨーカドーの紳士服売り場にいて、
みんなを代表して、
ケーシー高峯のプレゼントを探している。
何を買うのだったかどうしても思い出せないで、
みんなに顔向けできないと、右往左往している、
そんな辛く暑苦しい夢だった。
もし夢に何かしらの暗示があるとしたら、
この夢は、いったい何を暗示しているんだろう。
怖い。


2004/01/05(月)
賀正

今日が、ムームーの公式の2004年の仕事始めです。
例年になく予定がいっぱい入った
(といってもたいしたことがないんだけど)
正月休みでしたが、
あっという間に終わってしまいました。
去年の最期の打ち合わせから、
まだ1週間経っていないことは
意識しないことにしているんですが、
それにしてもあっという間でした。
いろいろ予定が入っていたわりには、
疲れていないのは、たぶんよく寝てるからだと思います。
逆に言えば、年末体調がすこぶる悪かったのは、
単に寝不足が続いただけっちゅー気がしてきました。
(そういやあ、
10月あたりから毎日5時間位しかねれなかった)

今年の抱負は、、、なんて考えたことがないのですが、
1文字で表せば「結」
でしょうーかということにしようと今決めました。
「結」できれば「転」まで行きたいところだけど、
「結」半ばで終わるかも知れません。
というのも、今年でムームーは10年。
どの仕事でもどの仲間でもどの体でも10年は節目です。
だから、今年中に一旦「結」を迎えたいのです。
なにで「結ぶ」か、どーやって「結ぶ」か、
それが問題なのですが。
  ●
年末の格闘技三昧はダメでしたね。
ボク的には全然ダメとさせてもらいます。
登場選手がダメだったとか、
マッチメークがダメだったとか、
試合内容がダメだったとか、
そーゆーことじゃなく、
大晦日の夜に真剣に戦っているのがダメってーことです。
忘年会以降正月休みいっぱい、
日本人はゆるゆるの精神構造でなくてはいけないのです。
というか、すでにゆるゆるなんです。
だから、そんなときに真剣な姿を見せられても困るんです。
正月のお笑いもの並のゆるいモノを見せてくれないと。
つまり、あそこでの戦いは
「プロレス」じゃないとダメなんです。
なのに、猪木祭りまでリアルファイトなんですもん、
これはいけません。
日本の大晦日をわかっていない。
最初の猪木祭りがちゃんとプロレスしてたのに、
どーしてこんなことになってしまったんでしょう。
大晦日の戦いくらいオールスタープロレスで、
ミルコもヒョードルもノゲイラも
ロープに飛んで欲しいじゃないですか。
桜庭がサルの格好をしたシウバを
追いかけて欲しいじゃないですか。
安田にダブルヒールホールドを掛けて欲しいじゃないですか。
村浜にサップをジャーマンで投げて欲しいじゃないですか。

来年こそは、みな合体して、
楽しいプロレスを見せてほしいもんです。




« 人間風車: 2003年12月 | | 人間風車: 2004年2月 »