人間風車

2008/11/28(金)
消費税給付金と定額給付金

アントニオ猪木のインタービューにあった。
 「諸葛孔明の兵法にあった。
『この戦略しかない』と思ったら終わり」
なるほどねー。言えてるねー。
アントニオ猪木は、
彼の悪口だけで単行本になるくらい、
しかも何人もが書いているくらいだから、
それなりにそういうところのある人なんだろうと思うけど、
それでいて、なかなかいつもうまくおっしゃる。
特に好きな彼の言葉はこれ。
「起きちまったことは、なんだってすばらしいんだ」
地球上、最もポジティブなことば。

消費税5%分の税収は、
だいたい12兆円と言われている。
1年限定で消費税を1%引き下げると
だいたい2兆円のマイナスとなる。
1.2万円もらえるのがいいのか、
1%消費税を下げてもられるのがいいのか。

定額給付金は全て消費にまわることはなく
多くは預金に回ると予想されている。
多く見積もっても、
消費に回るのは30%以下と言われている。
一方、
消費税は、モノを買わないと得にならない。
100%消費に関係したボーナス。

1%消費税が下げられると、
120万円買えば、現状より1.2万円分お得になる。
1世帯当たりの年間生活支出は、
だいたい370万円くらいだそうなので、
1%消費税が下げられると、
年間、37500円お得になる。

日本の1世帯の人数は、2.5651人
つまり、
1世帯当たりの給付金は、2.565*1.2=30780円
1世帯あたりの1年間のお得が、
消費税減税で37500円、定額給付金で30780円。
おもしろいくらいに微妙だ。


2008/11/27(木)
ゆっくり死んでいく

ゆっくり死んでいく。
怖い言葉だ。

大きな企業は巨大恐竜みたいなものだから、
環境が激変すると、
体を維持できなくて、一気に死んでしまうことがある。
一方うちのように超零細企業は、
小型ほ乳類みたいなものだから、
体を維持するコストが小さいので、
どう環境が変化しても、一気に死んでしまうことはない。
しかし、その一方で、
なまじっかすぐに体調が悪くならないので、
病んで行っていっていることに気がつかなくて、
ゆっくり死んでいく危険性がとても高い。

常に死んで行っていないか、
健康診断することは、
タコ社長の重要な仕事になっている。
体力がないので、
「あ、病気かも」
と自覚できた時点でもう手遅れだからだ。
小さい動物は常に死に向かっている。
と自覚すべきくらいだと思う。
そして、少しでも病んでいる所に気がついたら、
すぐに治療しないと手遅れになってしまう。
なんとも危なっかしい体質だ。

毎日が同じような体調、
毎日が同じような仕事、
毎日が同じようなテンション、
毎日が同じようなメンバー、
毎日が同じような経済状況(笑)、
こういうとき、
潜在的に進行している病を発見するのは、
そう簡単ではない。
注意せねば。

以上、自分メモでした。


2008/11/26(水)
WBC

中日の全選手、WBCへの参加拒否
落合監督の言うように、
球団の強い示唆というよりは個人の判断だと思うし、
各選手は個人事業者なので、
個人の事情で諸々を判断するのは、当然の権利だろう。
が、
そもそも、プロのスポーツってのは、
ファンが存在して初めて成り立つ商売。
食べ物や工業製品のように生活に必要不可欠なものではない。
そこが違う。
みんな監督になることをいやがる、
選手も参加することをいやがる、
そんな状況をみてて、
野球ファンの自分としては
どうWBCを楽しめばいいのか困ってしまう。
どっちらけだ。
オリンピックですでにどっちらけているのに、
さらにどっちらけで、
さらにさらに、きっと結果でもどっちらける。
となると、
野球へのファン離れはもっと進むんじゃないのかな。
すでにテレビの視聴率をみれば、
球場に足を運ぶ熱心なファン以外の人の
野球への関心が急速に減速しているのがわかる。
個人個人の都合を考えることも大切だけど、
個人個人が、
野球界全体の盛り上がりのことも考えてくれないと、
おまんまのくいあげになるんじゃなでしょうか>落合監督
生活に絶対必要でないサービスってのは、
そのあたりをちゃんと考えないと滅びる気がする。

「オリンピックのリベンジだ!」と
全ての選手が自主トレ期間献上で、WBC参加に名乗りを上げた。
なんてなって、
そんでもって、大リーグに行っている選手も全員参加して、
日本のために戦って、
それに結果もついてきたりしたら、
ファンとしては盛り上がれるんだけどなー。
にわかファンも増えるだろうし。

残念。

2008/11/25(火)
スリーピングライフ

自分の知らない人生を知りたい。
自分の寝ているところが知りたい。
寝ているときの自分を私たちは知らない。
1日8時間、つまり、
自分の人生の1/3!を知りないことになる。
30才なら10年、
48才なら16年分の人生、
実に、
生まれてから高校に入るまでの尺の
人生を知らないことになる。
人生1/3の空白。
これはもったいなさ過ぎる!

だからこそ、知りたい。
そうでなくても知りたい、自分のスリーピングライフ。
起きるとロールケーキのように巻かれている毛布。
裏返っている掛け布団。
筋肉痛とすごい寝癖。
いったい、
どういうスリーピングライフを送っているんだろう。
寝言とかも言っているかもしれない。
夢を見てはピクピクしているかもしれない。
そんな自分を観てみたい。

カメラを付ければいいんだろうけど、
それもなんだかなー。
もっと簡単に記録を取れないかな。
と思って、
「万歩計」を持って、
寝る実験をしてみたことがある。
正確な情報は取れないが、
1晩の寝返りの回数ぐらい
カウントできるかもと思った次第。
それだけでも、
大人しく寝ているのか
ひっきりなしに動いているのか(寝返りしているのか)
寝てからどのくらい経つと大人しくなるのか
くらいのログがとれそうだ。
しかし、
さすがに歩くことに特化した装置。
寝返り回数はうまくカウントできなかった。

DSのソフト『生活リズムDS
なんかも
そういうスリーピングライフの記録を取れると
おもしろいのになー。
(残念ながらこのソフトに付いている歩数計でも
うまくデータを取れなかった)

ということで、
虎視眈々と
「寝てる自分観察ソフト」の企画を
狙っているのでありました。


2008/11/21(金)
バーチャルマネー

電子マネーになっちゃいますよね。
どー考えたってこれから先。
もー、おれなんか体半分以上、
電子マネー体質になっているもんだから、
リアルマネー専用ショップで
「あ、10円たらねー、
90円も金属(おつり)が来る!」と
思っただけでブルーになってしまうくらい。
電子マネーならこんなことないのにって。

電子マネーで買うようになると
財布が軽くなっていく痛みも不安も感じないので、
ついつい買いすぎてしまう。
数字だけのやりとりになり、
お金の大切さが軽んじられる。
なんていう訳のわからん批評をする
電子環境不全症候群の教育評論家もいる。
偽札より電子的改ざんが簡単になる時代がくるかもしれない。
特にネット上でクレジットカード決算をするのは、
今でも十分にヤバイ側面がある。

そういう問題はあるにしろ、
っていうか、
どんな良いことにだって短所はあるけど、
お金とはそもそも
これは国内にある
どんなモノ、どんなサービスとでも交換可能です
という「契約」であり、
その契約の量が記載されている「情報」である。
その物自体にはなんら価値はない。
昔は、そうした「契約」や「情報」を記すモノとして
石や金属や紙しかなかったので、
モノを使っていたに過ぎない。

と考えると、
電子マネーは仮想のお金というより、
電子マネーの方が本来のお金の姿ともいえる。
即座に流通するし、
近所の×××のばばあみたいに、
65%の確率で釣り銭を間違えるということもない。
つい使いすぎてしまうとか、
暗証番号を安易にすると言ったことは、
新しいアイテムに使い慣れていないときに、
往々にして起こる「不慣れさ」であって、
こうした失敗は、すぐに
手痛い授業料とともに
反省され、矯正されるものだから、
そうは心配する必要はない。
おれはまさに今、この研修期間にある(涙)

むしろ現在の問題は、
電子マネーの種類が多すぎることだ。
edyをはじめ関東だとpasumoなどなど。
これは1国に複数種の貨幣があるのと同じ事で、
こっちでは使え、こっちでは使えないという
とんでもなくややこしい事態になっている。
これをすぐに改善して欲しい。
国がなんで電子マネーを出さない!
2兆円はここに使って欲しいくらいだ。
みんな1万円分の電子マネーをもらうとかして。


2008/11/20(木)
暗号解読

とんでもない量のデータをチェックしている。
人の作ったモノを校正するという作業。
毎日同じ事をするということ。
そのどちらも、
人生で5本の指に入る苦手な作業なので、
たいへん、たいへん(笑)

そういう仕事をこなすためには、
自分をなんとか飽きさせないようにしないといけない。
仕事の場の変化もその一つ。
幸い、紙と鉛筆があればいい仕事だったので、
近くの喫茶店から、町田のビジネスホテルまで、
この3週間、
いろんなところを転々として仕事をしている。
もし、おれを監視している人がいたら、
スパイ並みに怪しい人物に映っただろう。

暗号解読』を読んだ。
たしか昔読んだはずなのに、
全然覚えていなくて(=理解していなくて)、
文庫になったのを機会に読み直してみたら、
おもしろいったらないの。
とくにドイツの最強暗号「エニグマ」の開発から解読までは、
下手な小説読んでいるより面白い。
あんなシステムが開発できたのも、
暗号をやぶられるきっかけになったのも、
ドイツ人の几帳面さ、理屈っぽさ
のためだったというのがおもしろい。
(定時に定文できっちり送ってしまう几帳面さが、
暗号の中の「パターン」を見つけ出されるきっかけになった)

この「エニグマ」の解読に大きな飛躍をあたえたのが、
あのアラン・チューリングだっていうのが85へぇ。
彼の(仮想)万能チューリングマシン
解読装置に応用されたのだった。

この本には、暗号の歴史が、
具体的な例をもって紹介されている。
これは勉強というかネタになる。
いつかゲームに使ってやろうと思う。
っていうか、
そのものずばり、
「暗号」というゲームというか
暗号生成ツールというか、そういうのがいいかな。
とこんなところで書いているくらいの真剣度の話。


2008/11/17(月)
訳ありゲーム

自分で手に入れた「得」と他人がくれた「得」、
同じ機能、同じ量の「得」であっても、
自分で手に入れた「得」のほうが得に思える。
1万円の節税と
1万円の給付
財布から1万円減らないという機能では同じだが、
前者は自分をほめてやりたい気持ちになるのに対して、
後者は瞬間の感謝で終わってしまう。
このあたりがむつかしい。
ゲームにおけるプレゼントも
政治におけるプレゼントも同じくらい、
気をつけないといけない。
大きな負担(金銭的も労働的にも)するのに、
それに見合う分だけの効果が得られないのは寂しすぎる。
あたかも、
自分たちで手に入れた「得」であるように
仕掛けるというのが大切なんだろう>おまえもな

リアル店舗でもネットショップでも
訳あり商品、アウトレット商品が人気なんだそうだ。
普段使いのモノには極力金を掛けたくない、
見栄を張る必要もない、
欲しい機能(栄養も含む)さえあればいい、
そういう観点で見れば、
見かけが悪かったり、少々の難であったり、
型落ちなんてのは、
全然気にならない。
そういえば、
ゲームではそういうのないなー。
「訳ありゲーム」
注)このゲームは十分にデバッグされておりません
注)このゲームはラストにばらつきがあります
注)このゲームは敵の強さは不揃いです
注)フィールドの広さが違っていたり、ない場合もあります
注)色のこけているキャラがいますが、機能に問題ありません
その分安いです!みたいなゲーム。
自分では作る気しないけど、
誰か作ってみてくれないかなー


2008/11/12(水)
1.2兆円を地域マネーに

どうやら上原も大リーグ入りを目指すようだ。
ことしも、ずいぶん流出する感じ。
どんどん日本プロ野球がやせていく。
もー、ずいぶん和製大リーガーもふえたはずだから、
こうなったら、
大リーグ内に日本人チームを作ってもらおう。
お願いします>ナベツネ


<定額給付金
なんだか、
えらくルールが複雑になってきてるみたい。
そこら中から意見が出て、
そこら中の意見を「尊重」という名の妥協で
取り込んでいった結果だろう。
こういうことってよく、
ゲーム作りの現場でもある。
こういう付け焼き刃な時限措置は、
きっと最もシンプルなルールにしないと
問題を起こしてしまうに違いない。
定額を無条件で全員に配布する。
これだけだって、
なんだか混乱が起きる気がする。
どうやって渡す?
振り込む?
じゃー、口座をどう知る?申告?
申告が間違ってたときどうする?
もらっていないなどのクレーム処理はどうする?
よほど、ちゃんと事前に
しっかりシステムを作っておかないと
やばい気がしてならない。
しかも、業務担当が役所!
どんなシンプルな仕事でも、
最大限時間をかけ
最大限複雑に
最大限不愉快に処理する部隊が担当!

もう少し時間をかけて
ちゃんとシステム作りをしてからを希望するな。
その給付金がないと年が越せないとか
そんな金額でもなさそうだし。
だいたい、年を越す越さないって、
イメージだけの問題で、
決算のない普通の人にとっては、
実質、次の月になるってだけの話だし。

そうだ!
選挙に来た人にその場で手渡すというのは
どうだろうか。
(これも煩雑か)
やっぱり地域商品券化がいいんじゃないかな。
総額1.2兆円は、
1県あたり260億くらいの配布となる。
例えば、
1万円で1万2千円分の商品券が買える。
というシステムにすると、
この20%に国からの給付260億円を当てればいいので、
1.3兆円分の商品券@1県を売り出すことが出来る。
すごい額だ!
20%プラスの商品券を買うか、買わないかは個人の自由。
買った商品券は、その県内だけで使える。
商品券なら貯金されてしまう可能性はない。
県への景気刺激策が1.3兆円。
県民も20%をお得。
しかも税金でじゃない。
地方は、その20%分の負担を国からもらう。
役所の仕事はチケットの印刷と販売のみ。
これだったら、
国の思いつきに、
ボランティアで参加させるという
お役所の被害妄想もなくなるし。
良い考えのような気がするけどなー。



2008/11/10(月)
ゲームYOUTUBEシステム

いやー、
今年の日本一決定戦はおもしろかった。
西武と巨人、
手があってどの試合もとてもおもしろかった。
これで優勝できてたらなぁー。
でも巨人のようにように、
先発のデキと強打者の1発に頼るチームでは、
短期決戦は表か裏のどっちか。
セリーグ終盤では表に出たけど、
昨日の試合は裏に出た。
逆に西武は、
弱点と言われる投手の継投が、
5連続当たりみたいな奇跡が起こった(笑)。
勝負事の必然である、
そういう裏と表が出た結果ということで、
悔しいとかダメじゃんとかいう気持ちにならない。
あたりが、
いい試合をやってくれた証拠なんだろうな。

珍しく発売前から気になっていたゲーム
リトルビッグプラネット』をちょっといじってみた。
物理演算を駆使した、リアルでかわいいアクションゲーム。
一言で言えば、
リアルな『スーパーマリオブラザーズ』といったところか。
(本家『マリオ』もこっちに進化して欲しかったな)
リアル=オモチャの質感というのは
PIXARのお得意の一手だけど、
ゲームの世界でも正解だったようだ。
また、勝手に命名している2.5次元の世界は、
(つまり上下左右、ほんの少しの奥行きの空間)
ゲームという遊び方と
すこぶる相性が良いと再認識した。
自由な3次元とかいらない!というか
かえって遊びづらいだけ!

それ以上におもしろいなーと思ったのが、
このゲームにはエディターが入っていて、
自由にステージを作れる。
そこまでは
今までのゲームでもあった話だが、
作ったステージをサーバーにあげると、
他人に遊んでもらえる。
あるいは、
他人の作ったステージを遊べる。
いわば、ゲームのYOUTUBEシステム。
これがおもしろい。
実際に他の人が作ったステージは、
デキとしてはいろいろな不備を感じるモノの、
「同じゲームが好きな仲間」
という連帯感が感じられて気持ちいい。
ネットゲームでもやらない限り、
ゲームを遊んでいて、
この連帯感というか共同作業感を感じるのはむつかしい。
孤独な遊び、閉鎖的な遊び、実社会と切り離された遊び、
そう感じられることが多い。
(やりもしないくせに、そう批判する人も多い)
このゲームの方向性には
そうした問題を打破する可能性があるなーと感じた。

でも、
リアル(物理演算による)なアクションゲー、
おじさんには難しすぎます(涙)


2008/11/05(水)
半購買層の背中を押す

とんど中古の
本や音楽CDやDVDやゲームを買うことがない。
もちろん、
なんとなく気持ち悪いとか言う潔癖症でも、
何も中古で買う必要ないとかいう金持でもない。
元を作った人にお金が行かないのが、
なんか申し訳ない気がしてしまうのだ。

それでも、
絶版になってしまっているとかで買うことがある。
また正直に言うと、
新品を買うほどじゃないなー、
つまり新品の値段分としてはリスクも値段も高いなー
と思うモノも買うこともある。

モノを作る側の人間とすると
中古売買が盛んになると
その分の収益が入ってこないので困る。
その資金がないと次が作れないことだってある。
まわりまわって、
おもしろい新作が出てこなくなるという
遊び手川の不利益につながる。
というのが、
中古売買反対の一般的なというか代表的な理由だ。

しかし、
こうも考えられるかもしれない。
中古で売れるという「安心感」があるから、
そこでいくらかは回収できるので、
新作も買いやすくなる。
イイ作品!と思ったら売らなければいい。
失敗した!と思ったら中古で売って、
少し出費の痛手を和らげる。
そういうシステムがあるという安心感が、
新作を買う後押しになっている。
あるいは、
様子見で中古を買ったあと、
よかったら次回作から新作を買う
そういうことがあるかもしれない。

アメリカのテレビドラマは
ほとんどがシーズン単位の箱売り。
これが高い!
(DVD6枚組とかだから当たり前だけど)
『24』シリーズのように
もー、いいよ、最後までつきあうよ
という作品はともかく、
そうでないあまり知らないドラマを
いきなり箱買いをするのは、
とても勇気とお金がいる。
そこで最近、初回分だけのDVDが売られる。
これが800円くらいと逆に安い!
(2話くらいしか入っていないので当たり前だけど)
これくらいだと、
ちょっと興味がある、くらいでも手が出せる。
これでいいと思ったら、箱買いをすればいい。
(このため、箱にはVol1ディスクが入っていない)

これはいい考えだ。
ある意味、中古販売システムと同じくらい
安心して財布のひもをゆるめられるシステムだ。
そういう半購買層の背中を押す作戦は
どの分野でも必要だろう。

今ゲームでは
「やってもらえればおもしろいとわかる」
ではダメだと言われる。
どう手にとってもらえるか、そこが勝負だと。
そういうことが大切と言うことだ。
確かにその通りだと思う。
そういうことなら、
従来の4800円一発勝負
情報はパッケージの裏だけ。
お試し版、使用後の返却なし!という売り方も
もーちょっと考えた方が良さそうだ。


2008/11/04(火)
出版業界は2次情報産業

出版業界は2次情報産業になる。
という持論。
たとえば、
『ほぼ日』で次々に立ち上がる
企画コーナーみたいなものって
いきなり単行本になるようなことってないだろうなー、
ひょっとしたら、もー
雑誌の企画ですらないかもなー、
と思ってしまう。
せいぜい、
ネットで人気が出てから書籍化するくらいだろう。
ネットで流行っている、
巷で流行っている、
テレビで流行っている、
そういうネタを拾い集めて書籍化する
そういう2次情報産業的存在になりそう。
そういう気がしてならない。
なんだか最近の本棚を見ていて、
そのくらい新しいモノ見つけました、
新しいこと考えてみました
という企画が少なくなっているような気がする。
落ち目のスーパーが、
売れ線のキャベツや大根、ネギばかり置いてて、
すげー地味な売り場になっている。
そんな状況とダブったりする。

積極的提案のない分野はどこもつまらない。
活気のない商店街みたいだ。
活気さえあれば、ぶらり寄る客もいると思うけど、
今のような有様じゃー、
そういう潜在的な客を拾えないような気がする。
本好きとしては寂しい。
アンド、オンラインのゲームショップも
そのあたり考えて欲しいなー。




« 人間風車: 2008年10月 | | 人間風車: 2008年12月 »